「フィードバックする」スキルの「Iメッセージ」を娘に使ってみると・・・?


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)船橋クラス代表 佐木 馨です。

早いもので、8月も中盤に差し掛かりましたね。
少し前になりますが、私の住む千葉県では、
7月末に沢山の街で盆踊りや花火が開催されました。

我が家もご多分に漏れず、子ども達は盆踊りや花火に繰り出しました。
今年は、私が中・高生の頃に着ていた浴衣を娘が着てくれて、
何とも嬉しい夏の思い出を作ってくれました。

さて、今日は「フィードバックする」スキルの
我が家における事例をご紹介したいと思います。

思春期の二人の娘は、前髪を自分でカットするようになりました。
前髪だけなら、美容室に行くよりも、
自分でカットしてしまった方が早いですからね。

しかし、思春期の娘たちに、カットした前髪に対する
感想を伝えることは意外と難しいものです。
一歩間違えるとヘソが曲げてしまうからです(笑)。

そんな時、我が家では「フィードバックする」スキルの
「Iメッセージ」を使って伝えるように心がけています。

例えば、「前髪を切り過ぎてちょっと変ね。」ではなく、
「私には、前髪が切り過ぎのように感じるけれど・・・どう?」
と伝えると、「やっぱり?そうなの、実はね・・・」
というような、素直な返答が返ってきます。

このように、素直な会話を作り出す「フィードバックする」
スキルをご家庭内で使われてみることをぜひお勧めします。
今までとは一味違った親子のコミュニケーションを
体験することができますよ!

「フィードバックする」スキルは、レギュラークラスAで
詳しく学ぶことができます。
まずはお近くのGCS無料体験講座へお越しください。
あなたのお越しをお待ちしております!

evaluate-744310_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル