GCS広島校からは、「コーチングの絶大な効果」を体験したあのコーチをご紹介します!


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)広島校代表 末国 愛里です。

GCSジャーナル【地方校活動編】として、今回、広島校からは、
岩村 侑樹コーチ(実名)の体験談をご紹介します。

数日涼しい日が続いたかと思うと、また暑くなったりと、
気候に合わせて服のチョイスに悩むところですね。
今回はそんな「合わせて」という視点でご紹介します。

クラスA受講中にちょっとした仕草から違和感を感じ、
次のようなやり取りをしました。

講師:「どうして、頭を動かして『考えているよ』ってアピールするの?」

岩村さん:「え?わかりました?」

講師:「うん、わかるよ。そして、それは集中しやすいの?」

岩村さん:「いや、ぜんぜんやりたくないけど・・・」

講師:「やったほうが『考えてる』って思ってもらえるから?」

岩村さん:「そうなんです、『考えてる?』って聞かれるのが嫌なんで・・・。」

岩村さんは、じっくり考える時、動きを止め、深く考えるタイプ。
場合によっては、「あの?もしもし」と
声をかけそうになるくらいじっくり考えます。

人それぞれですが、岩村さんの場合、
「え?考えてる?」と聞かれることが多く、
上記のような仕草をすることで、
言われないようにしていたと言うことでした。

講師:「どうなりたいの?」

岩村さん:「『考えてる?』って質問されずに考えたいです。」

講師:「どんな行動を足せば良いと思う?」

岩村さん:「・・・、『じっくり考えるタイプなので気にしないでください』って言っておくとか?」

講師:「良いですね。」

岩村さん:「大丈夫かな?」

講師:「私がもしそう言われたら、そうなんだ、と受け止めますね。」

そんなやり取りをしていた岩村さん。
クラスAのフォローセションで、「あれから色々考えてたら、
生きて行くのが楽になりました」と嬉しそうに報告してくれました。
講師の経験談も少し話し、クラスBで変化を教えてもらうことを
約束してフォローセッションを終えました。
そして、楽しみにして迎えたクラスB。

岩村さん:「僕ね、禁煙できました。『子供が産まれたからやめて』
って言われてもやめられなかったのに。タバコは僕にとって、
コミュニケーションがうまく行かない時などに、
周りと合わせるために始めたものだったことを思い出したんです。
『もう、いらない』って感じたら吸いたくなくなったんです。」

と、とても素敵な報告をしてくれました。
それが他の受講生の方に「コーチングの効果」を伝える上で
良い体験談となり、素敵なクラスの雰囲気を創り出してくれました。

あなたがコーチングに興味を持った時、
その時が一番コーチングが必要な時かもしれませんね。
さあ、GCS広島校で一緒に学びませんか?
あなたのお越しをお待ちしております!

◆GCS広島校ホームページ
http://www.ginza-coach.com/school/area06/hiroshima.html

inspiration-1514296_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル