GCS福岡校にすごいコーチがいた! 「ブランディングコーチング」を実践するあの人です!


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)福岡校代表 江口 正勝です。

GCSジャーナル【地方校活動編】として、今回、福岡校からは、
ブランディング・プロデューサーとして活躍する
城内もも子コーチをご紹介します。

城内コーチは、2015年春からGCS福岡校でコーチングを学び、
10月に認定コーチになられました。
今では福岡の起業女子の間では知らない人がいないくらいの有名人!
(いやいや、その名は福岡を通り越してすでに全国区かも?)

元々は、福岡のドーム球場・プロ野球球団・隣接ホテルのPR担当。
その経験に加え、GCSで学んだコーチングのスキルを活かして、
集客・売上につながるブランディングやPR・商品作りまでを
プロデュースしていらっしゃいます。

その活動は、個人事業主から店舗・サロン、企業と幅広く、
最近では、その熱心さから『女・松岡修造』の呼び声も!

城内コーチの「ブランディングコーチング」では、

①まず、クライアントの思いやありたい姿、
何のためにそれをするのかなどを明確にします。

②次に、クライアントの強み(頑張らなくても人よりできること)や
求められている場所を引き出します。

③そして、クライアントの魅せ方をフィードバックします。

城内コーチの「ブランディングコーチング」の凄い点は、
前職であるホークスやヒルトンの広報(マスコミ担当)や宣伝、
マーケティングの経験を存分に活かし、
クライアントのありたい姿から、どういうターゲットに
どんな発信をすれば響くかまでがフォローされること!

彼女自身が、認定コーチとして起業(10月)して1ヶ月で、
0円→30万円の売上を作った経験から、
「とにかく売る!」方法・実績作りを得意としています。

城内コーチは、子育てのため一旦は家庭に入りましたが、
キャリアを手放した主婦がGCSでコーチングを学び、
さらに大きな目標へと成長し続けることを実践したコーチです。

あなたも、考えているだけでは成長できません。
あなたが未来の向けて成長を望むなら、
まずは最初の一歩を踏み出してみませんか?

さあ、GCS福岡校で一緒に学びましょう!

◆GCS福岡校ホームページ
http://www.ginza-coach.com/school/area06/fukuoka.html

ring-2571761_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル