クライアントの行動を促したい時、あなたならどうしますか?


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史 です。

新年度に入り一週間が経過しましたね。
各地で新人研修を終えた社会人一年生達は、これから、
期待と不安を抱えながら配属部署へと移っていきます。

彼らの後ろ姿を見るにつけ、社会人の先輩として、
そっと背中を押してあげたい気持ちになります。

実は、コーチングのスキルにも、クライアントを
後押しするような「行動を促す」スキルがあります。

コーチは、クライアントの話を聴き、質問を繰り返すことで、
目標達成のためにとるべく行動を明らかにしていきます。

もちろん、そのままでも行動を起こす可能性は高いのですが、
それを確実なものにするために、コーチは「行動を促す」
スキルを使って、クライアントをサポートします。

具体的方法としては、以下のようなものがあります。

・フィードバックする
・リクエストする
・励まし、勇気づける

これらのスキルは、単独でも、組み合わせても使えますが、
経験上、組み合わせて使うと、より効果を発揮するようです。

金曜日の【コーチング事例編】では、上記スキルのうち、
「リクエストする」の詳細と具体的事例をご紹介したいと思います。
どうぞお楽しみに!

softball-1511264_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル