クライアントの行動を促したい時、私ならこうします!


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史 です。

4月に入り、春の陽気が続いていますね。
一方で、ヒノキ花粉の影響でしょうか、私の周りには、
鼻をグズグズさせている方が多いようです。

そんな方々にとって、本当の春の到来は、
花粉が過ぎ去った5月初め頃になるのかもしれませんね。

さて、今日の【コーチング事例編】では、
「行動を促す」スキルのひとつ「リクエストする」
についてご紹介したいと思います。

「リクエストする」スキルには、主に以下の方法があります。

①行動をストレートに要求する
②約束にし、結果の行動を報告してもらう
③ワンランク上の行動をリクエストする

クライアントの「行動を促す」上ではどれも効果的なのですが、
私がよくクライアントに実践しているのが②です。

以下、セッション終盤におけるクライアントとの会話事例です。

私:「では、●●を是非実践してくださいね!」

ク:「はい、やってみたいと思います。」

私:「いいですね!ところで、それはどうしたら(私が)わかりますか?」

ク:「・・・、では、LINEで報告しますね。」

行動することをコミットメント(約束)してもらい、
それを後で報告してもらうことを促します。
「一度約束したこと(口にしたこと)は守りたい」という
人の心理状態を上手に活用するわけですね。

「リクエストする」を含む「行動を促す」スキルは、
レギュラークラスBの後半で学ぶことができます。

まずは、お近くの無料体験講座へお越しください。
あなたにお会いできるのを楽しみにしております!

pinky-swear-329329_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル