Coach:塙 健一郎(はなわ けんいちろう)

あなたが事業をブランディングする時、役立つコーチ。

基本データ

GCSコーチ認定資格
  • GCS認定コーチ
ICFコーチ認定資格
性別・生年・出身地男性1973年茨城県
活動地域日本国内(東京都在住)
URL

Profile

こんにちは。ビジネスブランディングコーチの塙(はなわ)です。公認会計士・税理士・経営学修士(MBA)でもあります。

無目的に過ごした学生時代。自信もなく、近視眼的で無責任。目的を見出し、自信を持って生きていきたい、そんな思いで会計士になりました。

仕事は概して順調。結婚し、幸せに生活していました。
ある日、ある出来事がきっかけで、自分の愚かさを心底思い知らされました。

このままではいけない。留学を決意しました。悪い面も含め自分を受け入れるきっかけになりました。

今は、既に事業を行っている方、これから行ないたいとの思いを抱いている方のために力を尽くしていきたいとの思いで、コーチングを行っています。

セッションのお申し込み・お問い合わせをする

My Story

コーチングとの出会い約5年前、前職で会議の効率性が低いことに悩んでいた時、会議のファシリテーションに対して興味を持ち、関連書籍を読んだり、協会に参加したりしました。

その過程の中で、一対多・多対多ではなく一対一の関係で人間関係を構築していくスキルとしてコーチングの存在を知ったことが、私がコーチングと出会ったきっかけです。

その後の留学先が、偶然にもコーチングに関する修士コースを提供していたことも、コーチングに対する思いを強めたと思います。

コーチングに対する思いが強まる中、独学で学び理解を深めようと試みましたが、限界を感じGCSでコーチングを体系的に学ぶことになりました。
コーチとしてのミッション「全ての事業はブランディングされる必要がある」

事業への思いを明確にし事業を進めていくこと。それにより、事業は自ずとブランディングされていくと考えています。私自身が長年企業の中で過ごし、多くの会社に関わり、また、企業・起業・事業についての知識経験を蓄積してきた結果、抱いている思いです。

この思いをカタチにするために、事業を行う、あるいは行いたいと思っているより多くの方々をサポートしていくこと、それをコーチングを通じて実現していくことが、私のミッションです。
コーチ活動の中で感動したことクライアントが日常受け取る雑多な多くの情報の中で、自分の心の奥底にこっそりしまい込まれ眠ってしまっていた思いに自ら気づき、その瞬間に何とも言えない良い声(一段階か二段階、心地よく響きます)に変わる瞬間です。

本心で、心の底から、「忘れていたけどそうだったんだ」と感じていることが、Skypeの声越しにも伝わってきます。

そういう瞬間こそ、コーチングをやっていて良かった!と心から思います。

Coaching Data

コーチ活動開始時期2017年6月
セッション時間数
セッション経験人数
クライアントの属性・職業経営者、個人事業主、学生、主婦、会社員、会社員(管理職)
サポートしたテーマ◇ミッション・ビジョンの明確化
◇仕事と家庭の両立
◇部下育成への対応方法
◇過去のトラウマへの対処
◇生活習慣の改善
◇転職という課題への向き合い方
など

About Session

セッション可能な曜日・時間帯相談により調整可能です。セッション手段やセッション・テーマにより、ご相談させてください。
セッション手段
  • 対面
  • Skype
  • LINE
  • Facebookメッセンジャー
強み・得意分野以下については、セッションをサポートするツールを用意しています。
◆ミッション・ビジョンの明確化
◆事業計画の明確化(中期・単年の売上計画・利益計画等含む)

その他、特に以下を強みとしています。
◆経験・知識を裏付けにした提案・情報提供(ご要望に応じ、対応いたします)
◆失敗も受け入れてきた経験から、クライアントの気持ちに心から寄り添うこと
セッション料金セッション手段、曜日時間帯やコーチングの目的により変動いたしますので、個別にお見積りさせていただきます。
体験セッション可否・時間・料金可・30分・5,400円(税込)
こんな方をサポートしたい◇規模の大小に関わらず、事業を営む、また始める意思のある方。
◇営んでいる、あるいは営みたい事業に対してご自身の思いを強く抱いている方。
◇企業経営者、個人事業者、起業者、起業直後の方、起業を予定している方。

「全ての事業はブランディングされる必要がある」との思いで、コーチングセッションを通じてサポートします。
セッションの詳細◆スタート直後の企業から売上3兆円を超える企業まで、多種多様な業種を含む多数の企業に関わってきた経験と、サステイナビリティ(持続可能性)を中心テーマとする英国のビジネススクールで経営について学んできた経験から、ブランディングの基礎となるミッション・ビジョンの明確化をメイン・テーマの一つに据えることを基本としています。

◆公認会計士・税理士でもありますので、ありたい姿を思い描いていく過程をサポートするため、事業に関して売上・利益といった財務数値面でのサポートをオプションで提供しています。

◆具体例として、以下を組み合わせたセッション・パッケージをお勧めしています。
1.中期及び当年計画設定のサポート・セッション※1
2.当年計画のフォローアップ・セッション
3.個別テーマに対するパーソナル・セッション※2

※1ミッション・ビジョンの明確化を前提とし、利益計画を含むドキュメントを協働作成、共有
※2部下育成・コミュニケーション向上・健康維持・スキル向上など


◆ご不明点は、お気軽にお問合せください。

経歴詳細

学生時代は本当に無目的に過ごし、目の前のお金欲しさにアルバイト中心の生活(和洋中の飲食店調理、接客、工事現場の警備員、引っ越し業者、家庭教師、塾講師、夜間清掃、ドラム缶工場など)を送っていましたが、無目的な生活を悔いる自分が他方にあり、人生にきちんとした目的を見出したい。そのような思いから、母方の叔父の影響もあり、大学卒業後、公認会計士になることを目指し上京しました。

受験時代、新聞配達員生活(奨学金を頂いていました)などを経て、26歳2度目の受験で公認会計士試験2次試験に合格。

合格後はいわゆる四大監査法人の一つにおいて日本有数の成長企業などを統括マネージャーとして担当するなど、充実した生活(他方で仕事中心で肉体的・精神的には苦しいこともありましたが)を過ごしていましたが、企業を内部から支えたいとの思いが強く一大決心の上で転職。社是とビジョンを心底大切に経営を行っている気鋭の不動産情報サイト運営会社(上場企業)に財務経理部門責任者として従事し、社長含めた経営陣からのみならず同僚・部下からも多くの刺激を受けてきました。

その後、人生の転機となる身近な人の死に直面し、人生におけるバランスのとり方への深い後悔を覚え、人生を見つめ直す目的で、イギリスのマネジメント教育機関であるHult Ashridge Executive Educationへ留学しました。同校はいわゆるFull-timeの学生と、仕事に従事しながら通学しているPart-timeの学生(いわゆるExecutive MBAの学生)が、同じクラスを履修するという少し変わった形態を採用しており(通常、両者は完全に分離されています)、学生として日本では経験したことがない双方向的な授業を受けたり、相当程度集中的に論文を読んだり書いたりということ自体も貴重な経験でしたが、それ以上に総勢80名程度の多国籍で(南アフリカやイラン出身者なども)、多様な(アフリカの地方王族出身者、マッキンゼー出身者や現役企業経営者なども)同窓生と触れ合う機会を得るなど、40歳を過ぎていたにも関わらず、多くの得難い、忘れ得ぬ経験をすることが出来ました。

2016年末、同校修了を機に帰国し、現在は、自身で立ち上げた株式会社未来カ(みらいか)の代表取締役として中小企業経営者のサポートに力を注ぐと同時に、事業会社の社外取締役なども併せて務めています。


経営学修士というと学ぶことは戦略やマーケティングなどが中心と考えられがちですが、同校がもともと企業向けリーダーシップ研修に強みを持つビジネススクールであることもあり、対人スキルやリーダーシップ、サステイナビリティなども含む多様な分野をカバーするコース構成になっていました。

実績詳細

キーワード事業計画、経営計画、起業、企業、経営者、事業、事業主、ミッション、ビジョン、理念、価値観、ブランド、ブランディング、サステイナビリティ、持続可能性

セッションのお申し込み・お問い合わせをする

コーチング無料セミナー