Coach Interview - 深浦 智子 コーチ(前編)

幸せなコーチが人の幸せの実現をサポートする

 大阪校でコーチングを学び、東京に拠点を移し、品川校、新宿校の代表を務めている深浦智子さん。何をしたいのかが見えていなかったOL時代から一転、コーチ、講師の道へ進むことになったお話をうかがいます。人をサポートする喜び以外にもコーチングからたくさんのギフトをいただいているそうです。
(聞き手:山上 晴美コーチ)

インタビュー

ビジネスシーンだけではなかったコーチングの力を知る

ーー 深浦さんは、以前は複数の企業でお仕事をされていたと聴きました。

 はい。住宅やインテリアのことが好きだったので、最初はあまり深く考えずに総合建設会社に入社しました。

 でも、就職はしたものの、一生そこで働くイメージはわかないし、その頃、本当に自分がやりたいことが何だかわからず、興味のある資格を取得してみたりもしました。が、それが即仕事に繋がるイメージももてず。

 その頃、大阪のテレビ局で、スポーツ局のアシスタントとして働くことに。仕事はとても面白かったんですが、1年の契約だったので、また別のテレビ局の事業部で、「1万人の第九」という大きなイベントに携わりました。次は某大手広告代理店の営業アシスタントになりました。この時は派遣社員だったため、いつか結婚してやめるかなと思っていました。でも、それなりに楽しいし、このままでもいいかなという気持ちもありました。その後、契約期間が満了して、得意先の社長からお誘いを頂き、メーカーのマーケティング部の広告担当として、社員で入社し勤めることになりました。

 この時に、中堅社員向けの研修でコーチングを知ったのです。2日間の研修でしたが、面白いコミュケーションスキルがあるなと思いました。でも短期間の研修だったため、即実践するには難しいなというのがその時の印象です。

インタビュー

ーー コーチングは即実践できないというものと感じたのですね。それが実践できるスキルだと思ったのは何がきっかけだったんですか?

 7年くらい前ですが、子育て中のママ向けにコーチングを教えている方と出会ったのです。コーチングはビジネススキルのはずなのに、ママ向け?って疑問を感じてその講座を受講してみました。それは、中学受験生をもつお母さんに向けてのコーチング講座でした。そこで、お母さんたちは、自分が行ってほしい学校と、子ども本人が行きたい学校が違うという対立で悩みを抱えていることを知りました。

 コーチングマインドに気づいて、結果的にはお母さんたちは子どもと対話をし、本人の希望を聴くことができたんです。子どもとは意見が分かれるけれど、子どもが自立して自分で行動できるようになることが大事だってことがわかったんです。人をそういうふうにサポートすることは素晴らしいと感じて、ますますコーチングを本格的に学びたくなってGCSに行きました。

 授業で「認める」スキルを知って、それが自分に欠けていたことに気づきました。その頃は自分と違っていたらそれは「間違っている」と相手を責めていましたから。後から、これがGCSで大事にしている「自己理解」だと気づきました。

 自己理解ができるようになって、それまではなかった価値観とか幸せとかについて考える時間が増えました。そして自分の価値観が明確になったんです。

インタビュー

ーー コーチングを学んでからはどんな変化がありましたか?

 コーチングは自分自身が悩んでいるときにも使えることがわかりました。それまではずっとアリ地獄のように悩みの中にいたけど、私はどうなりたいのって問いかけができるようになったので、アリ地獄からすぐに脱出できるようになったんです。

※後編はこちら

後編
・サポートしてくれた人のおかげで講師になり品川校開校を実現
・コーチングは人生になくてはならないものという確信

Profile
深浦智子コーチ
銀座コーチングスクール品川校、新宿校 代表
銀座コーチングスクール認定講師・認定プロフェッショナルコーチ
Points of YouR認定トレーナー
総合建設会社の人事部、テレビ局、広告代理店、メーカーの広告業務担当と、様々な業界で働きながら、常に本当に自分がしたい事は何と"自分探し"をしている中、コーチングに出逢いコーチとして独立。自分本来の人生をより輝くものにするために、コーチングを通じてなりたい自分へ導くサポートを行う。2014年12月にGCS品川校を開校、2017年7月からはGCS新宿校の代表も勤める。
コーチングセッションは「なりたい自分探し」「マネージメント」「起業」等をテーマに実施。日常会話のようなセッションを通じ気づきを与える事からナチュラルコーチングとして定評がある。
またオリジナルメソッドの「コーチングYOGA」を開発。社員のやる気を引き出すイベントや、中学校のお母さん向けに実施した経験もあり、ご参加頂いた方々から好評をえている。

ms_banner.png