教師を目指す大学生「子どもの可能性を最大限に引き出す」コーチへ!


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)駿河静岡代表 かざま なほこ です。

今回、GCS駿河静岡校がご紹介するのは、
2017年11月に認定コーチを取得された相見佳輝さんです。

相見さんは、教師を目指す大学3年生。
教員サークルの役員としても活動されています。

受講の目的は、ご自身の理想である「人に寄り添う教師」
を実現するために、何が必要かを探求していく中で、
まずは「聴く」スキルを体得したいというものでした。

そんな思いを裏づけるように、相見さんは、
クラス演習の中でご自身の課題(聴き方)を発見し、
それがクリアされるまで、繰り返し練習を積まれていました。

クラスが進む中で相見さんが仰っていたことが印象的です。

「コーチングは、『聴く』スキルのみに留まらず、
それ以外の部分も含め、人と関わる存在として、
最も必要なコミュニケーションスキルであると感じました。」

「教育現場で自分にしかできない社会貢献をするため、
子どもに対する熱い想いをコーチングによって具現化したい。」

その一方で、大学生がコーチングを学ぶことは、
「金銭面の課題が非常に大きかった」と振り返ります。
全てご自分のバイト代で受講されたそうです。

その課題を乗り越えられた理由として、
クラス毎の分納式であったこと、そして、
ご自身の信念と熱意を挙げています。

若者へのコーチングの普及は、日本が主体性のある社会を構築し、
「国民幸福度」を上げていく近道であると私は考えます。
将来の日本にとって大きな力となっていく若者への支援を
駿河静岡校では引き続き行ってまいりたいと思います。

そんな思いを持つGCS駿河静岡校で
あなたもコーチングを一緒に学んでみませんか?
どうぞお気軽に無料体験講座にお越しください。

◆GCS駿河静岡校ホームページ
https://www.ginza-coach.com/school/area04/shizuoka.html


classroom-2093744_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル