ビジネス・ファシリテーション講座

facilitation_top.png
認定更新審査充当対象講座

「チームの方針」と「メンバーのマインド」が一体となる会議運営のスキルを習得できます。


当プログラムのポイント
Point1
時間内に効率的な会議運営ができるようになる!
Point2
意見の対立をマネジメントして、チームが一丸となることができる!
Point3
合意形成とメンバーへの任せ方がスムーズになる!


プログラムの概要

対象者

target.png どなたでも

時間数

hours.png 6時間(1dayプログラム)

受講料

fee.png 35,000円(+税)


カリキュラム

01

オリエンテーション

  • 講師・受講者自己紹介
  • 目的とゴールの確認
  • マインドセット

02

ファシリテーション概論

  • ファシリテーションとは
  • ファシリテーションに必要なIQとEQ
  • 会議ファシリテーションの流れ

03

会議の事前準備

  • ゴール設定(IQとEQ)
  • 会議設計
  • アジェンダの作成
  • 演習(1)会議設計「働き方改革」

04

会議の場づくり

  • 場づくりの目的
  • 会議ルール
  • 時間内で終わらせるために
  • 全員参加型の会議
  • 議論の見える化
  • 演習(2)会議ルールを決める

05

議論の活性化

  • 活性化している状態
  • 活性化のバランス
  • 活性化のテクニック1.ブレインストーミング
  • 活性化のテクニック2.グルーピング
  • 活性化のテクニック3.発言時間のコントロール
  • 演習(3)議論の活性化「働き方改革:現状の課題」

06

議論の構造化

  • 協働作業で構造化
  • 納得の構造
  • IQテクニック
  • 選択肢の抽出
  • 演習(4)議論の構造化「働き方改革:現状の課題」

07

合意形成

  • 比較評価する
  • 対立のマネジメント
  • EQテクニック
  • 決定事項の共有
  • 演習(5)合意形成「働き方改革:対処すべき課題」

08

会議後の任せ方

  • 進捗管理
  • 任せ方
  • サポート方法
  • 称賛
  • 演習(6)称賛する

09

まとめ

  • 振り返り
  • 質疑応答
  • コミットメント

担当講師

tmukaigawa.png

向川 敏秀(むかいがわ・としひで)

1965年 札幌生まれ。慶應義塾大学商学部を卒業後、積水ハウス株式会社に入社。マンションや不動産経営の企画・営業に従事。その後、ITベンチャー企業を経て、松下電器産業(現・パナソニック)グループにて消費者向け通信機器のマーケティング戦略を担当し、市場シェアNo1を奪還に貢献。2008年、マーケティングを軸とした戦略コンサルタント・企業研修講師として独立起業。組織の戦略立案とチームワーク形成を支援。



日程・お申込み

2020.05.23(土)12:00-18:00
ビジョンセンター日本橋
定員12名


新たな日程が追加または申込可能になった場合の通知をご希望の場合は、以下のフォームからご登録ください。

メッセージ(希望時期など):

※送信後に自動返信メールが届かない場合
迷惑メールフォルダに入ってしまっているか、アドレスに誤りがある可能性がありますので、ご確認ください。

ご質問などがありましたら、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。