GCS認定プロフェッショナルコーチ

プロコーチとしての実績が豊富と認められるGCS認定コーチへは、「GCS認定プロフェッショナルコーチ」としての認定証が交付されると共に、各種特典が提供されます。

GCS認定プロフェッショナルコーチのリスト

「GCS認定プロフェッショナルコーチ」の認定要件

下記のすべてを満たすこと。

  • 「GCS認定コーチ」資格取得後、1年以上を経過していること。(最初の認定更新を行なう時点か、それ以降の時点であること)
  • 100時間以上のコーチングセッション経験があり、そのうち75時間以上は有料セッションであること。「セッション」は対面、電話、Skype等、口頭で行なわれたものであり、メール等の文書によるものは含まれない。
  • 有料セッションのクライアント数が8名以上であること。

「有料セッション」の定義

  • 報酬として金銭を受領したセッションのほか、金銭と同等以上の経済価値のある商品またはサービスとの交換(バーター)で行なわれたセッション。但し、相互コーチングは対象とならない。
  • 組織内の従業員(有給)の立場で、明確な職務として行なわれたセッション。但し、上司として行なう部下へのコーチングは有料セッションとみなさない(無料セッションとしての算入は可)
  • クライアント(セッションを受ける人)以外の第三者(企業等)から報酬を受け取って行なわれたセッション。
  • クライアント以外の第三者(企業等)の管理下で行なわれた無報酬のセッションであるが、クライアントが当該第三者に金銭を支払っているセッション

「GCS認定プロフェッショナルコーチ」の認定手続き

  • 「GCS認定コーチ」資格の更新手続き時、更新申請内容が要件を満たす場合に「GCS認定コーチ」から「GCS認定プロフェッショナルコーチ」へと昇格します。昇格にあたり、認定番号・認定更新時期の変更はありません。
  • 以降、「GCS認定コーチ」と同様の手続きと要件にて「GCS認定プロフェッショナルコーチ」の資格が自動的に継続されます。
  • 「GCS認定コーチ」としての申請・更新費用をご納入いただいていれば、「GCS認定プロフェッショナルコーチ」としての追加費用はかかりません。

「GCS認定プロフェッショナルコーチ」特典

  • 「GCS認定プロフェッショナルコーチ」認定証の交付

    GCSプロフェッショナルコーチ認定証(サンプル)

  • 「GCS認定ロフェッショナルコーチ」用ボタンバナーを名刺・ブログ等に掲載・表示が可能

    GCS認定プロフェッショナルコーチバナー

  • GCSサイト上のコーチ紹介個別ページの「ステータス」欄に「認定プロフェッショナルコーチ」である旨の表示(表示管理はGCS事務局が行ないます)
  • 認定の更新期間について、1年間(更新料 6,480円)または3年間(更新料17,280円)のいずれかを選択することが可能
    ※更新期間の3年間を経過後の更新申請については、通常の1年間更新と同様、過去1年間の実績に基づいて審査を行ないます。
  • GCSメールニュース上に告知枠提供(無料)
  • 【準備中】週末起業フォーラムのウェブサイト上にコーチ紹介個別ページへのリンク(プロフィールを公開している場合)
  • 【準備中】アンテレクトのウェブサイト上にコーチ紹介個別ページへのリンク(プロフィールを公開している場合)

「GCS認定プロフェッショナルコーチ」特典の利用方法について