GCSのミッション


銀座コーチングスクール(GCS)は、事業規模や組織の拡大およびGCS認定コーチの増加に伴い、高品質のサービスの提供を維持し、社会から信頼され続ける組織を目指すため、GCS本来のあるべき姿を見つめ理念体系をまとめた「GCSのミッション」を2015年6月に策定しました。その後、時代と環境の変化に対応し、GCSのあり方をさらに進化させようという想いから、2019年10月に改定しました。



GCSの事業領域(提供する本質的機能)


私たちは、「全ての人が、本来持つ資質を生かし輝くことで幸せを実感できる社会」の実現へ向けて、コーチングの理念に基づいた社会変革事業に取り組みます。



GCSの存在価値(社会に対するベネフィット)


私たちは、コーチングの普及と「生涯忘れ得ない体験を共有するコーチ」を多数育成することで、自己実現できる人を増やし、国民幸福度の向上に寄与します。



GCSの運営理念(運営姿勢と基本スタンス)


私たちは、コーチングの原理原則に基づいたスクールおよびクラス運営を行います。


1.「分かる」「できるようになる」を超え、「活用できるようになる」ための指導を熱意を持って行います。

2. お互いに信頼し、協働しあえる関係性を構築します。

3. いかなるときも、コーチングマインドを発揮します。

4. 関わる人すべてのロールモデルとなるよう、自己基盤の確立を目指します。



GCS認定コーチの行動規範


コーチとしてのスキルとマインドを兼ね備えた行動をしよう。


1. 相手を認め、話を聴き、そして、約束を守ろう。

2. コーチングマインドに沿った言動を心がけよう。

3. クライアントのロールモデルであることに努めよう。

4. 変化を恐れず、新しいことにチャレンジしよう。

5. 自己研鑽に努めよう。



GCSスタッフの行動規範


「分かる」「できるようになる」を超え、「活用できるようになる」ための指導を、熱意を持って行おう。


1. 受講生の「活用できるようになる」にこだわろう。

2. 受講生を「主役」としたクラス運営を行おう。

3. GCSの顔として、コーチングを活用しているロールモデルを示そう。

4. 複数の視点で物事を考えよう。

5. 受け身ではなく、主体的に行動しよう。

6. 現状に満足せず、創意工夫をしよう。



制定:2015/6/1
改定:2019/10/29