GCSコーチ認定制度の概要

GCSでは質が保証されたプロコーチを輩出するために、コーチ認定制度を設けています。GCSによるコーチ認定を希望し、所定の受験資格基準を満たす方は、GCSコーチ認定試験を受験することができ、所定の合格基準に達した方は、「GCS認定コーチ」として活動することができます。

受験資格受験料試験構成認定基準認定コーチの義務と特典試験実施時期更新について上級資格への昇格受験申込

当制度の趣旨

GCSコーチ認定試験によりGCSのコーチングクラスで学ぶコーチングスキルとマインドの理解度・修得度の判定を行ない、プロコーチとして有料のコーチングセッションを提供するのにふさわしいレベルに達していることを認定する。

認定試験の受験資格

以下5項目の条件すべてを満たす者。
  1. GCSコーチングクラスA~Dのすべてに出席し、修了証を授与された者
    または、他機関でコーチングを学び、編入審査に合格の後、GCSコーチングクラスB~Dのすべてに出席し、修了証を授与された者
  2. 【重要】上記のうち、受験申込期限内に受験の「本申込」を行なった者
    • 2018年10月14日以前にクラスDの受講を申し込まれた方:受験申込期限の定めなし
    • 2018年10月15日以降にクラスDの受講を申し込まれた方:クラスD修了後6ヶ月以内に受験を申し込むこと(本申込)
    • 受験申込期限を過ぎてから受験を希望する方は、クラスA~Dのいずれかを再受講・修了した後、6ヶ月以内に受験を申し込むこと(本申込)
  3. コーチとして5名以上に対するコーチングセッションを経験している者(職場等でのコーチングスキルの活用を含む;有料・無料を問わない)
  4. 国際コーチ連盟の定めるコーチとしての倫理基準を守ることを誓約する者
  5. 別途定める受験料を納付した者

受験料

  • 21,600円(税込)

受験申込方法詳細・申込フォームはこちらへ

認定試験の構成と受験方法

コーチングおよびコーチングスキルに関する筆記試験とコーチングセッションの実技試験により構成される。

筆記試験
  • 受験者にメールにて送付された試験問題(PDF)を印刷して、解答並びに必要事項を記入し、「認定試験日程」にて定める期限までに郵便で提出する(当日消印有効)。解答記入に要する時間数に制限は設けない。テキスト・ノート等を参照することも可とするが、解答は本人の自筆を要する(ワープロ不可)。
  • 事前の連絡なく期限内の提出がなかった場合は受験放棄とみなし、合否判定並びに合否通知は行なわれない。やむをえない事由により期限内提出ができない場合は、事前に銀座コーチングスクール事務局に連絡し、期限日程の再調整等を行なうこと。
実技試験
  • 受験者は、クライアント役を担当する試験委員を相手に、コーチとして30分間のコーチングセッションを行なう。
  • 試験日時は、受験申込フォームで申告された希望日時を基に調整され、後日メールにて送信される「試験要領」の中で通知される。
  • 受験に際して使用する試験委員の電話番号またはSkype名、クライアント役の状況設定については、実技試験日時が確定された後、「試験要領」の中で通知される。
  • 受験申込フォームの送信後は、原則として受験申込フォームで申告した実技試験希望日時の変更はできない。やむを得ない場合は、銀座コーチングスクール事務局に連絡し、新日程の設定および合否通知時期等についての調整を行なうこと。

認定基準

筆記及び実技試験にて、いずれも70%以上の評価に達した者を合格とし、GCS認定コーチとして認定する。認定を受ける者は、国際コーチ連盟の定めるコーチとしての倫理基準を遵守することを誓約しなければならない。

GCS認定コーチの義務と特典

  • 認定試験合格者へは、GCSコーチ認定証が交付される(有効期間1年;更新手続費用 6,480円)

    GCSコーチ認定証(サンプル)

  • GCS認定コーチは「GCSのミッション」に記載の「GCS認定コーチの行動規範」に沿った行動を心がけなければならない。また、プロコーチとして常に自己研鑽に努めなければならない。
  • GCSのウェブサイト上にてプロフィールを公開し、クライアントの紹介を受けることができる。プロフィールを公開するGCS認定コーチは、銀座コーチングスクールに対して常に最新のプロフィール情報を通知しなければならない。
  • 株式会社アンテレクト並びにその提携団体が開催するスキルアップ並びにクライアント獲得に役立つイベントへの優待参加ができる。
  • その他、プロコーチとしての活動をサポートする各種特典サービスを受けることができる。
  • 「GCS認定コーチ」を名乗り、名刺・ウェブサイト等で表記することができる。
  • 「GCS認定コーチ」のボタンバナーをブログ・ウェブサイト等に掲載できる。

    GCS認定コーチバナー

  • その他、「GCS認定コーチ特典」のページを参照のこと。

試験実施時期

  • 試験の受験申込は随時受け付け、受付日に応じて定められた期間内に受験する。
  • スケジュールの詳細については「GCSコーチ認定試験日程」を参照のこと。

受験申込方法詳細・申込フォームはこちらへ

認定の更新について

GCSコーチ認定の有効期間は1年間ですが、下記のいずれかを満たすことにより、更新することができます。
(更新手続費用 6,480円/年)

  1. 過去1年間に、5名以上に対し、総合計10時間以上のセッション実施実績があること。セッションの有料・無料は問わない
  2. 過去1年間に、クラスA~D、G〜Hのいずれかを再受講していること
  3. 過去1年間に、クラスA~Dのいずれかのクラスアシスタントを2回以上務めていること
  4. 過去1年間に、自分のコーチを雇い、クライアントとして3ヶ月間以上のセッションを受けていること
  5. 過去1年間に、GCSゼミナール・GCSコーチカンファレンス等、GCSが認めたコーチングスキル維持・向上のための講習・演習に計8時間以上参加していること
  6. 過去1年間に、コーチングスキルを指導する講師を計10時間以上務めていること
  7. 過去1年間に、上記に匹敵すると思われるコーチとしての活動を実践したこと(要詳細ご報告)

上級資格への昇格

受験申込

受験申込方法詳細・申込フォームはこちらへ