GCSコーチ認定制度の概要

GCSでは質が保証されたプロコーチを輩出するために、コーチ認定制度を設けています。GCSによるコーチ認定を希望し、所定の受験資格基準を満たす方は、GCSコーチ認定試験を受験することができ、GCSコーチ認定試験を受験し所定の合格基準に達した方は、「GCS認定コーチ」として活動することができます。

「GCS認定コーチ」は、プロコーチとして有料のコーチングセッションを提供するのにふさわしい知識・経験・実績を有することが認められた方々です。 以下、「GCS認定コーチ」の認定制度の概要です。


実施要項・受験申込書請求フォームはこちらへ

受験資格


以下3項目の条件すべてを満たす者。
  1. GCSコーチングクラスA~Dのすべてに出席し、修了証を授与された者
    または、上記と同等またはそれ以上の知識、経験を有するとGCS認定委員会が認めた者(例:財団法人生涯学習開発財団認定コーチ)

    他機関でコーチングを学ばれた方も、実施要項・受験申込書をご請求ください。受験資格の事前審査についてお知らせします。

  2. コーチとして5名以上に対するコーチングセッションを経験している者(職場等でのコーチングスキルの活用を含む;有料・無料を問わない)
  3. 国際コーチ連盟の定めるコーチとしての倫理基準を守ることを誓約する者

試験方法

  • 郵送による筆記試験とSkypeまたは電話による実技試験をもって行なう(内容非公開)。

受験費用(2014年4月以降の受験申込)

  • GCSクラス修了者(途中編入を含む)  21,600円(税込)
  • 上記以外  27,000円(税込)

特典及び有効期間

  • GCSコーチ認定証が交付される(有効期間1年;更新手続費用 6,480円)

    GCSコーチ認定証(サンプル)

  • GCSのウェブサイト上にてプロフィールを公開し、クライアントの紹介を受けることができる。
  • 株式会社アンテレクト並びにその提携団体が開催するスキルアップ並びにクライアント獲得に役立つイベントへの優待参加ができる。
  • その他、プロコーチとしての活動をサポートする各種特典サービスを受けることができる。
  • 「GCS認定コーチ」を名乗り、名刺・ウェブサイト等で表記することができる。
  • 「GCS認定コーチ」のボタンバナーをブログ・ウェブサイト等に掲載できる。

    GCS認定コーチバナー

GCS認定コーチ特典についての詳細はこちらへ

試験実施時期

  • 毎月1日より2週間程度の期間、受験申込を受け付け、翌月下旬に試験結果を通知します。スケジュールの詳細・お申込については「GCSコーチ認定試験日程」を参照ください。

上級資格への昇格

認定の更新について


GCSコーチ認定の有効期間は1年間ですが、下記のいずれかを満たすことにより、更新することができます。
(更新手続費用 6,480円/年;2014年4月1日以降)

  1. 過去1年間に、5名以上に対し、総合計10時間以上のセッション実施実績があること。セッションの有料・無料は問わない
  2. 過去1年間に、クラスA~D、G〜Hのいずれかを再受講していること
  3. 過去1年間に、クラスA~Dのいずれかのクラスアシスタントを2回以上務めていること
  4. 過去1年間に、自分のコーチを雇い、クライアントとして3ヶ月間以上のセッションを受けていること
  5. 過去1年間に、GCSゼミナール・GCS認定コーチ大会等、GCSが認めたコーチングスキル維持・向上のための講習・演習に計8時間以上参加していること
  6. 過去1年間に、コーチングスキルを指導する講師を計10時間以上務めていること
  7. 過去1年間に、上記に匹敵すると思われるコーチとしての活動を実践したこと(要詳細ご報告)

実施要項・受験申込書請求フォームはこちらへ