エグゼクティブコーチング


対象者


経営者や次世代幹部層、管理職者が対象


目的・期待効果

経営層や次世代幹部層に対し、外部のプロフェッショナルコーチが定期的に個別のコーチングを行うことによって、エグゼクティブのリーダーシップ強化、ひいては経営戦略実現を支援する手法です。

客観的な立場でフィードバックを行ったり、 エグゼクティブ自身の考えを聴きだすなど、エグゼクティブと共に考えながら、エグゼクティブが自らと組織の課題を認識し、 行動を起こすことを支援する存在です。


エグゼクティブコーチングの主な課題・テーマ

  • 経営者としての自己変革の促進(自己認識力と自己内省化)
  • 経営方針、ビジョン創造
  • 戦略的思考や意思決定
  • リーダーの行動変容や変革推進
  • エンパワーメントな組織づくり、組織風土改革
  • 働き方改革、ダイバーシティ・多様化の適応
  • 次世代幹部育成のための効果的な関わり方(指導力強化)


  • エグゼクティブコーチングの進め方・プロセス(例)

    ◆コーチングを受けるエグゼクティブの方それぞれの目的に合わせて設計いたします。 コーチングセッションを開始する前に、エグゼクティブの方の同僚や部下の方にヒアリングを行うことで、エグゼクティブの強みと改善分野を特定し、オリエンテーションにて主要な目的・目標を明確にします。

    ◆コーチングセッションのペースとしてはテーマによっても異なりますが、まず3ヶ月/月2回ペースをお勧めしております。セッションにおいて、エグゼクティブの方の潜在的な能力と動機を引き出しながら、成長改善課題の達成進捗度を確認しながらご支援いたします。

    エグゼクティブコーチング流れ


    b07.png

    ご要望に合わせお見積り

    お気軽に簡易見積もりをご利用ください。
    ご予算等に応じて最適な研修プランをご提案いたします。

    簡易見積り依頼をする



    電話・メール等でもご相談に応じています。

    電話:03-6273-7958(平日 10:30-18:00)

    メールでのお問合せは、以下のお問合せフォームよりお願いします。

    お問合せフォームへ