GCS認定講師養成プログラム

GCSの業容拡大に伴なう講師需要の増大に対応すると共に、GCS認定コーチの活躍の場並びにクライアント獲得機会の拡大を図るために、GCS認定講師養成プログラムを実施しています。

プログラムご参加にあたって

対象者(参加資格)


GCS認定コーチの有効な資格を保有しており、
  • さらなるスキルアップを目指す方
  • GCSクラス講師を目指す方
  • GCSの地方校を開設したい方
  • コーチングの指導技術・ノウハウを修得したい方

GCS講師に求められる基本要件

  • GCS認定コーチの有効な資格を保有していること
  • 十分なセッション経験とクライアント経験があること
  • 十分なクラスアシスタント経験があること
  • GCSのミッション、クラス内容を熟知していること
  • GCS講師としてふさわしい立ち居振る舞いができること
  • 基本的なプレゼンテーション能力があること
  • コーチングに関するプレゼンテーションを自ら企画、実施できること
  • クラスを適切に運営するマネジメント能力とリーダーシップを備えていること
  • セションの評価、フィードバックが適切にできること
  • プロコーチとしての自らの経験を語ることができ、自らの経験に基づき、受講者からの質問に回答できること
  • 受講者が「わかる」を超え、「できるようになる」ための指導を、熱意をもってできること
  • 事務局への報告、連絡、相談が適切にできること

参加にあたってご了解いただきたいこと

  • 当プログラムへの参加または修了をもって、GCSクラス講師等としての登用を保証するものではありません。
  • 当プログラムの参加により、GCSクラス講師のみならず、広くコーチングスキルを指導する講師として必要なスキルを修得することができますが、一部、GCSクラス講師のみに必要な知識を提供するカリキュラムが含まれます。
  • レクチャーの一部については、録画動画の上映等により行なうことがあります。
  • 各レクチャーへは、GCSのクラステキストを持参の上、ご参加ください。(テキストの最新版については、随時ご提供します)
  • 当プログラムで提供される内容は、GCSが保有する知的財産として保護されています。GCSクラス外でそれら知的財産を使用する場合は、GCSの許諾を得てください。
  • 当プログラムへの参加により、講師としての見識向上を目的として、所定のカリキュラム以外の実践課題を課すことがあります。積極的に取り組んでください。
  • 当プログラムの受講料は、将来、GCSのために講師として働いていただける可能性があることに鑑み、低水準に抑えて設定しております。ついては、GCSのスタッフの一員であるという意識・姿勢を持って参加いただければ幸いです。

プログラム概要

下記の3つのフェーズをクリアしていくことで、GCS認定講師を養成します。

  • フェーズ1:GCSの無料体験講座(またはコーチングを紹介するセミナー)の講師を務めることができるスキルを修得する
  • フェーズ2:GCSコーチ認定試験委員を務めることができるスキルを修得する
  • フェーズ3:GCSのレギュラークラス(クラスA~D)の講師を務めることができるスキルを修得する

プログラムを受講・修了し、下記の要件をクリアすることで、GCS認定講師の資格を取得します。

  • 講師養成プログラム全27単元を受講・修了していること
  • 体験講座及びクラスA~Dのクラスアシスタントを務めたことがあること
  • コーチとしてのセッション経験時間数が60時間以上あること
  • 自分のコーチを雇った期間が3ヶ月間以上あること
  • 体験講座の講師を2回以上務めた経験があること
  • GCSコーチ認定試験委員を務めたことがあること
  • クラスA~Dのいずれかのメイン講師またはサブ講師を務めた経験があること

プログラム参加方法

GCS認定コーチ専用ページ(要認証)にてご案内しております。