Coach Interview - 堅田 不二子コーチ(前編)

何歳になっても夢を実現する「輝いてるおばあちゃん」を増やしたい

 今回は名古屋校を卒業し、名古屋校講師の他に起業を目指す女性向けのコンサルタントとして活躍中の堅田不二子さんにお話をうかがいます。

 コーチングを学び自分自身のコミュニケーションが大きく変わり、これを広めて行きたいという気持ちから、やがて、起業する女性をサポートするコンサルタントとして活動を始められました。マインドと、ノウハウの両面から人をサポートする面白さや、そのやりがいとはどんなことでしょうか。

interview_fkatada.png

婚活サポートから女性起業家支援へ

ーー 堅田さんは名古屋にお住まいで、GCS名古屋校で学んで講師をされていますが、名古屋出身でいらっしゃるのですか?

 生まれは秋田で、大学のときに東京に来て、結婚して主人の仕事の関係で名古屋に移りました。コーチングと出会ったのはそれからです。

ーー コーチングとの出会いはどんなきっかけですか?

 若い頃から心理学的な事に興味があって、よく本を読んでいたのですが、アンソニー・ロビンスの本や石井裕之さんの『心のブレーキをはずし方』を読んでいたら、「コーチング」という言葉がよく出てきたので気になっていたんです。それで、検索したんですがその時はまだGCSは見つけられなかったんです。それとは別に女性起業家のランチ会というのがあったので参加してみたら、NPOを立ち上げてコーチングの活動をしている女性の先生がいらしたので、最初はその方のところで学びました。すごくよかったんですが、もっとプロコーチとして活動できるようになりたいと思ってまた探して、やっとGCSを見つけて受講できたんです。コーチングで私自身も変わったし、人生全部に応用できるとても素晴らしいものなので、たくさんの人に伝えたいと思って講師養成講座を受けました。

interview_fkatada01.jpg

ーー ご自身はどんなふうに変わったのですか?

 私は、人見知りでコミュニケーションが苦手だったんです。自分が考えている事を、上手く言葉にして説明できなくて、苦手意識があったんです。でも、コーチングを学んでからは、まず人の話をよく聴けるようになって、コミュニケーションのキャッチボールができるようになりました。初めてお会いした方とも信頼関係が築けるようになって、いいことがたくさんあったのです。

 あと、私は教える事が好きだったということに気づいたんです。理想の自分を実現している方は皆さん講師をしているので、あんなふうに人に影響を与えられて、人の人生をよくする仕事をしたいと思いました。講師としては、2012年の冬から名古屋校で自分のクラスを持てるようになりました。

行動すればわかり、次の展開が見えて来る

ーー 講師をしていてどんなところに喜びを感じますか?

 受講生の変化ですね。目標ができて、変わってきて、目が輝き、意欲に目覚めてくる。そういうのを見るのがうれしいし、私自身も刺激を受けて夢を叶えたいと思えるようになりました。

 最初は婚活中の人をサポートするコーチをやっていたんですが、1年くらい経ってちょっと違う感じがしてやめました。改めてどういう人をサポートしたいかと考えた時に、私のように、コーチあるいはコンサルタントとして活動していきたいと思っている女性起業家のサポートをしたいって気づいたんです。それまで3つくらいの起業塾に行って、起業コンセプトの作り方とかを学んでいたので、これをプログラム化してコンサルタントになろうと。

 最初は口コミで広げていって、女性起業家の個別コンサルをするようになりました。誰のためにどんな商品を販売するか、集客の仕組みそのものを一緒に考えるという。私自身も、メルマガをとりいれてから、会った事のない方から、お申込みをいただけるようになりました。これは、メルマガを通じて、信頼関係を築くことができたからなのです。この方法は起業家として独立する際に必須の集客方法だと思い、メルマガの構築までを一緒にやるプログラムを始めました。

 お伝えした事をクライアントが真剣にやると、成果が出ます。そうして、今まで50名の方をサポートしてきました。これから起業する方や、起業したばかりの方に、その方に会ったものを一緒に探して行く。コーチング的なコンサルティングをやっています。まずは、ノウハウをお伝えしているのですが、やはり大事なのはメンタルです。結局そこのところまで踏み込まないといけないと感じています。今年の2月からその講座をやるんですが、起業サポートをやってみて、メンタルやマインドの大切さがわかったことで、生まれた講座です。

ーー 今のお仕事の満足度はどのくらいですか?

 とてもやりがいを感じていて満足度は120%です。起業家は前向きな方が多いし、行動、努力する方が多い。婚活サポートの時には感じなかったことで、サポートしがいがあります。実際に数字になって出て来るし、今月100万稼ぎましたとか言われると本当にうれしいです。

ーー 女性起業家のコンサルをするようになって、堅田さんご自身の変化や成長を感じる事はどんなことですか?

 自信がアップしました。自分が自分のコーチになる事ができればなんでもできる。そう思えるようになりました。やりたい方向性がわかれば、そこに行ける。それが今までは自分でブレーキをかけたり、チャレンジする前から、ダメだと思ったりしていたのです。自己否定ばかりしていた。自分で自分の味方に100%なってあげればいいのです。自分の中にクライアントとコーチ両方がいる状態ですね。そうすると、行動にブレーキをかけることが少なくなり、行動が早くなる。

 もちろん全部うまくいくわけではないけれど、失敗しても自分を責めるのではなくて、じゃあ、違う方法でやってみようと思えるようになりました。それこそPDCAサイクルが早く回せている感じです。1日が、そして1年がとても長く感じます。

interview_fkatada02.jpg

後編ヘ

Profile
堅田 不二子コーチ
名古屋市在住。既婚。 2児の母。 アラフォー・アラフィフの女性が、起業する際のビジネスコンセプト作りと、ブログとメルマガを使った集客の仕組み作りまでをサポートしている女性起業プロデューサー。 2009年に東京から名古屋へ引っ越し、それを機にコーチングを学び、2012年秋より、GCS名古屋校講師。2015年より、起業コンサルタントとして開業。マインド面のサポートもできるコンサルタントとして人気。今年から、潜在意識マインドトレーナーとして活動をスタート。女性たちのトラウマを解消し、なりたい自分ご実現する潜在意識の活性方法について伝えている。 >>公式サイト

ms_banner.png