受講から認定までの流れ

GCSのコーチングクラスのプログラムは非常にわかりやすく、なおかつ短期間でのスキル習得ができるようにカリキュラムが構成されていることで、好評をいただいています。

また、受講生・修了生・GCS認定コーチを中心としたコーチングコミュニティとしてFacebook上の"グループ"として開設されている「GCS全国同窓会」に参加することで、クラス内外の仲間と交流したり、勉強会・イベント・最新ノウハウなどの情報を得ることができますので、モチベーションを維持しつつ、楽しく受講を進めていくことができます。

受講から認定までの流れ

GCSでのコーチングクラス受講の流れについて、順を追って説明します。ご自身が受講されるにあたり、イメージをつかんでいただければと思います。


1.まずは、コーチング無料体験講座に参加してみる


コーチングの効果やクラスの雰囲気を味わっていただくために、まずは「コーチング無料体験講座」に参加されることをお奨めします。クラスの受講について不安や疑問があれば、この体験講座を受講いただき、それらを解決してから入校されることをお奨めします。

コーチング無料体験講座とは


2.本格的な学習は【クラスA-基本スキル編】からスタート!


最初のクラスである【クラスA-基本スキル編】では、コーチングの基礎理論を学んだ上で、基本となるスキルを習得します。野球を例に取れば、キャッチボールや素振りといった基本練習に相当します。このレベルのスキルが身につけば、日常生活でのコミュニケーションは大きく改善されるでしょう。

GCSでの初めてのクラスですので、緊張の面持ちで参加される方も多いのですが、心配は無用です。初日を半分も過ぎた頃には、受講者同士、長年の友人のように親しくなってしまうのが通例です。コミュニケーションスキルを学ぶコーチングのクラスならではの特長でしょう。

クラスA-基本スキル編とは


3.コーチングの楽しさを実感する【クラスB-ストラクチャー編】


【クラスA-基本スキル編】を修了したあなたは、コーチングの基本練習を済ませた段階に来ています。野球なら、キャッチボールやバッティング、スライディングの練習を個別に行なった段階とでも言えるでしょう。ですが、野球を本当に楽しみたいのなら、やはり「試合」をしたいですね。

【クラスB-ストラクチャー編】では、既に習った個別のスキルを使い、クライアントとの一連の対話である「セッション」の運営の仕方を学びます。セッション運営ができるようになると、コーチングの楽しさを実感するでしょう。

野球の試合と同様、セッション運営も実践演習が大切です。もうセッション運営ができるようになっているのですから、積極的に相手をみつけ、実践演習の練習台になってもらいましょう。

クラスB-ストラクチャー編とは


4.ワンランク上の実力をつける【クラスC-セッション戦略編】


実践演習を重ねていくと、自らのスキルアップを感じつつも、セッションが堂々めぐりになってしまったり、壁にぶつかってしまったりと、様々な難しい状況に直面することもあるでしょう。ですが心配する必要はありません。コーチとして成長するための道を進んでいることの証拠だからです。

「野球」の試合で勝つには、ヒットエンドランのような作戦や、併殺のような高度なプレーをこなせるようになる必要があります。コーチングでも同じです。それを学ぶのが【クラスC-セッション戦略編】です。

このクラスでは、セッションでは何に焦点を当てるべきか、どのようにすれば視点を変えて気づきや行動を促すことができるかといった技術を学び、コーチとしてワンランク上の実力をつけていただきます。

クラスC-セッション戦略編とは


5.プロコーチとしてのデビューを準備!【クラスD-プロスタート編】


【クラスC-セッション戦略編】を修了した段階で、効果的にコーチングセッションを運営するのに必要な技術は、一通り学び終えたことになります。あとは、どんどんと実践練習の機会を積むことです。ですが、「プロコーチ」として有料のクライアントを獲得するには、まだ準備が十分とは言えません。ビジネスとしてのコーチングの実務を学ぶ必要があるからです。それをカバーするのが【クラスD-プロスタート編】です。

このクラスでは、自分自身のリソースを活用して、どのような専門分野を持つプロコーチになるかを考えていきます。また、プロコーチとして必要なセッション契約やクライアント獲得活動の実務についても学びます。そうすることで、プロコーチとしてデビューする準備が完了します。

クラスD-プロスタート編とは


6.「GCSコーチ認定試験」を受験する


クラスA~クラスDまでを修了すると、プロコーチとしてスタートを切る準備ができているかどうかを確認するために、「GCSコーチ認定試験」を受験することができます。この試験は、筆記試験(自宅受験)と実技試験(電話またはスカイプを使用)により行なわれます。

受験に必要な準備としては、クラスでの学習以外での実践演習が必要です。クラスC・Dの修了時には講師に対して1回づつセッションを行なうことができますし、Facebook上に開設されている『「セッション練習相手」求む!(全国版)』グループを通じて練習相手をみつけることもできます。このグループへは、「GCS全国同窓会」への参加を申し込む際、併せて参加を申し込むことができます。

GCSコーチ認定制度について


7.「GCSコーチ認定証」を受領する


晴れて「GCSコーチ認定試験」に合格したあなたの手元には、「GCSコーチ認定証」が送られてきます。おめでとうございます!クレジットカードサイズのプラスチック製ですので、常に携行し、見込みクライアントに認定を受けたコーチであることを示してください。

GCSコーチ認定証のサンプル

GCSコーチ認定制度について


8.プロコーチとしてのスタートを切る!


銀座コーチングスクールでは、GCS認定コーチがプロコーチとして成功することをサポートするために、各種プログラムを用意しています。それらは認定コーチだけが享受できる特典ですので、ぜひフル活用してください。

プロコーチを目指す方へ


9.こんな時はどうする?


もしクラスの受講間隔が大きく空いてしまった場合等は、クラスについて行けるかどうか、心配になるかも知れません。そのような場合は、半額の受講料で既に受けたクラスを再受講することができます。

クラス再受講制度について


万が一、コーチ認定試験に合格できなかった場合でも、もちろん再チャレンジすることが可能です。筆記試験が合格レベルで、実技試験のみが不合格であった場合は、実技試験のみ、割引料金で受験することが可能です。(合格されなかった方に、個別にご案内いたします)