GCS八重洲校で女性ならではの「生き方」や「働き方」をみつけてみませんか?


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)八重洲校(女性限定)代表の坂本祐央子 です。

春爛漫、この週末は、お花見やアウトドアに出かける予定や、
新しい生活の準備にワクワク・ドキドキする季節ですね。
八重洲校のクラス開催場所である東京駅八重洲北口の
さくら通りも今週末が満開です。

さて、今日は、女性限定のGCS八重洲校で学ばれた
三浦加奈子さんのストーリーをご紹介します。

三浦さんは、専業主婦であり、小学生のお子さんの
子育てのタイミングで受講され、認定コーチ取得。
その後も学び続け、現在は、子育てとのバランスを大切にし、
この春からは、コーチングスキルをエッセンスとして取り入れた
「研修講師」としての働き方を手に入れました。

三浦さんがコーチングを学ぶ前の状態は、出産を機に退職、
母業がメインの生活の中であり、育児の時間を優先する中で、

「自分の時間がない!」
「自分ばかり自由がない!」
「常に自分だけが損をしている」

というような思考になりがちだった、と言います。
そんな折、前職の先輩がコーチとして活躍しているのを知り、

「コーチングを学んだら私もママだけではない!」
「私らしさを見つける!」
「私にも人から必要とされる仕事ができるかも?」

そんな思いが受講へのきっかけとなったようです。

GCS八重洲校を選んだのは「女性限定」だったからとのこと。
出産までの仕事も女性が多い職場だったので、

「いろんなことを女性目線でも話せる」
「女性の講師だったので起業の相談もできる」

などの理由により、男性とは異なる女性ならではの
「働き方」を視野に入れて選択されたようです。

さらに、実際に学んで良かったことを伺いました。

「他人と自分とを比べることがなくなり、
ストレスも減りましたし、自分に自信がつきました。
感情をコントロールできるようになったので、
子どもにもガミガミ言うことも少なくなり、
さらに自分のビジョンを描けるようになったことが、
『働く』ことへの高い意識へとつながりました。」

出産前まで航空会社のCAとして働いていた時のような、
ホスピタリティー溢れる笑顔で答えてくださいました。
今後の研修講師としての活躍も楽しみです。

GCS八重洲校では、女性ならではの「働き方」を
コーチングを通じて探し当てたいと考える方も
数多く受講されています。

受講後にお客様の"美"を引き出すエステサロンの開業や、
スキルを活用して、教育分野に転職される方も。
そして、IT企業やコンサルティング業務に携わる方が、
ビジネススキルを磨くことで、さらに信頼され、
仕事を任されるようになる方もいらっしゃいます。

受講後も「受講生同士のネットワークが行動の後押しになる」
と、GCS八重洲校は卒業生や受講生の心の拠り所になっています。

「女性ならではの『生き方』や『働き方』をみつけることを
コーチングを学ぶことを通して得られる」

これが女性限定であるGCS八重洲校の強みです。

まずは一度、GCS無料体験講座へお越しください。
あなたのお越しをお待ちしております!

◆GCS八重洲校ホームページ
https://www.ginza-coach.com/school/area02/yaesu.html

girl-1666678_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル