夏休みがやって来た!「穏やかに過ごしたい」と考えるあなたには・・・


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史 です。

7月も後半に入り、連日の猛暑日が続いています。

子ども達にとっては、楽しい夏休みに突入ですね。
反面、「また夏休みがやってきた~」と嘆く(?)
お母さん方が多くなる時期でもあります。

あなたのご家庭ではいかがでしょうか?

夏休みに入れば、当然、子ども達と接する時間も長くなります。
そうなると、いつもより、穏やかでいられなくなる
お母さん方も多くなるのではないでしょうか。

あなたは、子ども達にどのように接していますか?

もし、「穏やかに接したい・・・」と考えるあなたは、
コーチングスキルを身につけると良いかもしれません。

コーチングは、相手の言葉に耳を傾け、相手の可能性を引き出す
効果的なコミュニケーションスキルです。

このスキルを身につけるプロセスで、相手のことを認め、尊重し、
じっくりと相手の話を聴く、ということを学びます。

具体的には「認める」「聴く」といった基本スキルとなりますが、
あなたがこのスキルを使い、子ども達に接するだけでも、
穏やかになっている自分に気づくことができるはずです。

そこで、金曜日のGCSジャーナル【コーチング事例編】では、
ご家庭で、子ども達に使うと効果的なコーチングスキルについて
私の事例を元にお話したいと思います。どうぞお楽しみに!


cicada-3387493_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル