お互い知らない者同士がレギュラークラスAを受講してみると・・・


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史 です。

8月もお盆を過ぎ、幾分、暑さが和らいできたように感じます。
気温が30度を超えていると十分に暑いのですが、
今年はそれをあまり感じさせないから不思議ですね(笑)。

さて、この8月、私が代表を務めるGCS丸の内校では、
2本のレギュラークラスAがスタートしました。

クラスAでは、私と受講生さんが2回目の顔合わせ、
受講生さん同士は初顔合わせということが多いので、
大抵の場合、緊張した雰囲気の中でスタートします。

お互いの自己紹介から始まり、コーチングの基礎知識や
基本スキルを学び、実践演習を繰り返していく中で、
クラスA修了(10時間)後には、信じられないほど
密度の濃いコミュニケーションが成り立っています。

これがコーチングを学ぶ効果であり、対面を重視した
「GCSらしさ」を表しているなぁと感じる瞬間でもあります。

では、どうしてこのような現象が起きるのでしょうか。
それは、クラスAで学ぶ基本スキルの中に答えがあります。

具体的に言いますと、

「相手に安心して話してもらう」ための「認める」スキル。
「相手に気持ちよくたくさん話してもらう」ための「聴く」スキル。

さらには、

「相手の中にあるものを引き出す」ための「質問する」スキル。
「相手に気づきを与える」ための「フィードバックする」スキル。

これらを学ぶプロセスで、受講生さんは、知らず知らずのうちに
単なる言葉の情報伝達に留まらない、互いの内面にまで触れる
コミュニケーションができるようになっていくのです。

あなたもそんな雰囲気の中で、コーチングを学んでみませんか?
まずはお近くの無料体験講座へお越しください。
お待ちしております!

community-419045_960_720.png

GCSジャーナル   GCSジャーナル