コーチングを知らない人に、コーチングを簡潔に説明するには?


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史 です。

11月に入り、私の住む愛知県では、紅葉シーズンを迎えています。

実は、先日、地元の紅葉スポットに出掛けて来ました。
シーズンに入ると、きっと混雑することが予想されるので
早めに行って来た次第ですが、まもなく色づく風景を見ると、
「やっぱり見頃に来てみたい!」とあらためて感じてしまいました(笑)。

さて、今日は、「コーチングを知らない人に、コーチングを
簡潔に説明する」ことについてお話したいと思います。

GCSでは、無料体験講座やレギュラークラスAで、
コーチングの定義について、以下のように説明しています。

パフォーマンス向上のために、対話によって対象者を勇気づけ、
"気づき"を引き出し、"自発的行動"を促すコミュニケーション・スキル

また、これを、クライアント側に軸足を置いて言い換えると、
以下のようになります。

本人が"ヤリタイ"ことをやり、"ナリタイ"自分になるための
"行動"を促すコミュニケーションの技術

これらの定義は簡潔な表現でまとめられてはいますが、
「コーチングとは何か」のすべてを語っているわけではありません。
実際、あなたが、誰かにコーチングを説明しようとする際には、
もう少し具体的に、できれば、"あなたの言葉"で説明した方が、
相手にはより伝わりやすいと言えるでしょう。

では、実際に、私達コーチはどのような言葉や方法で
「コーチングとは何か」を説明しているのでしょうか。

金曜日の【コーチング事例編】では、ふだん私が使っている
言葉や方法を一部ご紹介させていただきたいと思います。
どうぞお楽しみに!

teacher-1276272_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル