「セルフコーチング」を使って有意義な大型連休を過ごしましょう!


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史 です。

早いもので、4月も第二週目が終了します。
あと、二週目もすれば、GWが始まりますね!

今年は、元号改正による即位の礼などがあることによって、
巷では10連休という大型連休になる企業が多いようです。

そんな大型連休の過ごし方について、すでにあなたは
予定を立てているかもしれませんが、
もし、未だであれば、「セルフコーチング」によって、
計画を立ててみることをお勧めします。

火曜日の【コーチングスキル編】でお話したように、
セルフコーチングは以下の要領で行うと良いでしょう。

①目標を設定する(自分の「ありたい姿」を決める)
②現状を把握する(①に対しての現状を再確認する)
③プロセスを設定する(①に向けてのステップを決める)

本日の【コーチング事例編】では、上記①~③の
具体的な質問例について考えてみたいと思います。

①目標を設定する
「どのような休暇になったら良いですか?」
「どんな状態になっていることが理想ですか?」

②現状を把握する
「お休みの期間は何日から何日までですか?」
「どの時間を活用することができますか?」

③プロセスを設定する
「そのために何ができると思いますか?」
「他にはどうですか?」
「どんな準備が必要ですか?」

いかがでしょうか?
上記の質問を使って、あなたの頭の中が整理されたら、
きっと満足のいく大型連休を過ごせることでしょう。

上記の質問例は、レギュラークラスB「ストラクチャー編」で
詳しく学ぶことができます。

まずはお近くの無料体験講座にお越しください。
あなたにお会いできることを楽しみにしています!

arm-1284248_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル