梅雨到来!あなたはこの時期をどのように過ごしますか?


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史 です。

6月に入り、全国的に梅雨入りしましたね。
これから一ヶ月強、鬱陶しい気候が続きます。
あなたはこれからどのように過ごしますか?

雨が多いと外出することがつい億劫になるものです。
もちろん、無理に外出することをお勧めしませんが、
時には発想の転換をして、外出したくなるような
環境を自ら整えてみてはいかがでしょうか。
例えば、私の場合は、最近、防雨効果のある靴や、
新しい傘を購入しました。
結果として、それらを身につけて外出してみようかな、
という気持ちに何となくさせてくれます。

このように視点が変わると、思考が切り替わり、
新しく別の行動を取ることができるようになるものです。

実はコーチングにおいても、そのようなスキルがあります。
「視点を移動する」というもので、クライアントが
望んでいる事柄や、何をどうすれば良いか考えあぐねている
事柄について、異なる視点から眺めることを促す方法です。

例えば、通常のセッションにおいては、クライアントは
自分が現在置かれている位置からしか物事を見ないものです。
「視点を移動する」とは、クライアントをそこから
別の場所へと誘うことです。

と、このように書かれていても、抽象的表現であるため、
イマイチ分かりづらいかもしれませんね。

そこで、金曜日の【コーチング事例編】では、
「視点を移動する」の具体的方法について、
あなたが明日からでも使用できそうなスキルを
披露してみたいと思います。どうぞお楽しみに!

rain-2590618_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル