質問スキル「5W1H」をさらに細分化してみよう!


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史 です。

7月に入り梅雨も本格化しています。
昨年の梅雨明け(関東・東海地方)は6月末でしたから、
それと比較するとかなりのギャップを感じますね。

最近は、各地で大雨洪水警報なども発令されていますから、
該当する地域の方は、どうか気をつけてお過ごしください。

さて、前回の【コーチングスキル編】では、質問スキルである
「水平質問」「垂直質問」ついてお話しました。

今回は「垂直質問」で使用されることの多い「5W1H」について、
さらに詳しく考察を加えてみたいと思います。

そもそも質問スキルには、「クライアントの中にあるものを引き出す」
ことを目的として、クライアントの頭の曖昧なものを明確にし、
具体的にしていくという効果があります。

その手法のひとつとして用いられるのが、チャンクダウン
「5W1H(Why,What,When,Where,Who,How)」になるのですが、
これを用途に応じてさらに細分化できることをご存知でしたか?

具体的にお話しますと・・・

(1)クライアントの思考を明確・具体的にする
・When(いつ?)
・Where(どこで?)
・Who(誰が?)

(2)クライアントの可能性や選択肢を広げる
・Why?(なぜ?)
・What?(何を?)
・How?(どのように?)

いかがでしょうか?
このように分けてみると、仕事や日常生活の中で、
「5W1H」をより効果的に活用できると思いませんか?

そこで、金曜日の【コーチング事例編】では、
上記(1)(2)の具体的な活用方法について
お話したいと思います。どうぞお楽しみに!

questions-3145370_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル