クライアントの視点が固定的になっている時は「視点を移動する」と効果的です!


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史 です。

7月終盤に梅雨明け宣言がされて以来、連日の猛暑日が続いていますね。

個人的には、8月の第一週が年間で最も暑い週なのでは?
と感じていますが、あなたの感覚ではいかがでしょうか。

いずれにしても、暑い場所での行動は極力避けて、
十分な水分補給と休養を取りながら日々をお過ごしくださいね。

さて、前回の【コーチングスキル編】では、
コーチングが機能しない例として、「一問一答式」になっている
セッションの事例を取り上げましたが、"機能しない"理由は、
何もそれだけではありません。

例えば、クライアントの視点が固定的になっていることで、
「気づき」が生まれにくく、行動に結びつかないことで、
結果的に"機能しない"と感じられることもあります。

そんな時に効果的なのが、クライアントの「視点を移動する」
質問をコーチがすることです。

クライアントは、コーチの「視点を移動する」質問に対し考え、
答えを自分の中から導き出すことで、自身や世の中に対する
硬直的な見方から脱することができるのです。

ところで、「視点を移動する」質問と言うと、
あなたはどんな質問を思い浮かべますか?

詳しくは、金曜日の【コーチング事例編】でお話したいと思います。
あなたもどんな質問の種類があるのか考えてみてくださいね。

次回のGCSジャーナルもどうぞお楽しみに!


color-1405478_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル