『朝ごはん』を「オープン・クエスチョン」 を使って質問してみると・・・?


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史 です。

8月のお盆休み明けから一週間が経過しました。
疲労のピークに達している方も多いかと思います。

一方で、明日からまたお休みという方もいらっしゃると思います。
そんなあなたは、あとわずかな時間を乗り切ってくださいね。

さて、本日の【コーチング事例編】では、
「質問する」スキルの「オープン・クエスチョン」について、
「クローズド・クエスチョン」と対比させながらご紹介します。

◆キーワード:目標

クローズ「目標はありますか?」
オープン「どのような目標ですか?」

◆キーワード:行動

クローズ「それを行いますか?」
オープン「それをどのように行いますか?」

◆キーワード:朝ごはん

クローズ「朝ごはんを食べてきましたか?」
オープン「理想の朝ごはんは何ですか?」

いかがでしょうか?
両者とも「質問する」ことには違いありませんが、
スキルの目的である「相手の中にあるものを引き出す」
という観点でみると、どちらを使用することが適切か、
これを読んでいるあなたなら、もうお分かりですよね。

「質問する」スキルの「オープン・クエスチョン」は、
詳しくはクラスA-基本スキル編で学ぶことができます。

まずはお近くのGCS無料体験講座にお越しください。
あなたにお会いできることを楽しみにしています!


table-1589012_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル