あなたは「コーチングとは何か?」を誰かに説明することができますか?


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史です。

9月に入り、多くの学校では新学期が始まりました。
夏休み中、子どもたちのお世話に追われていたお母さんも、
今頃は「ほっ」と一息つかれている頃でしょうか。

季節的にもこれからだんだんと過ごし易くなりますね。
これを機に、活動的になられる方も多いかと思います。

もしあなたが活動的な方であれば、すでに
コーチングを学び始めているかもしれませんね。

あなたがコーチングを学んでいることを誰かに伝えると、
周りの人はあなたにこんな質問をするかもしれません。

「コーチングって何?」

そんな時、あなたならどう答えますか?
GCSの定義では、コーチングを以下のように説明しています。

「パフォーマンス向上のために、対話によって対象者を勇気づけ、
"気づき"を引き出し、"自発的行動"を促すコミュニケーション・スキル」

あるいは、

「本人が"ヤリタイ"ことをやり、"ナリタイ"自分になるための
"行動"を促すコミュニケーションの技術」

これらの定義は簡潔な表現でまとめられてはいるものの、
「コーチングとは何か?」の全てを伝えているわけではありません。

結果として、人によっては、
「何となくは伝わるけど、要するにどういうこと?」
という反応が起きてしまうことがあります。

ここで大切になってくるのが、コーチングを
「自分なりの言葉で定義する」ということです。
あなたなら、コーチングをどのように伝えますか?

そこで、次回の【コーチング事例編】では、
「コーチングとは何か?」を私なりの言葉でお伝えしたいと思います。
どうぞお楽しみに!

learning-3831785_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル