対面式・少人数制だけじゃない!GCSで学ぶ利点はこんなところにもあります。


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史です。

シルバーウィークも過ぎ、秋の気配が近づいてきました。
あと一週間もすると10月に入りますね。

10月は何をするのにも適している季節です。
仕事に、勉強に、スポーツに、レジャーに、
充実した1ヶ月をお過ごしくださいね。

さて、1ヶ月前(8月27日号)のGCSジャーナル【GCS紹介編】では、
GCSで学ぶ特長として「対面式・少人数制」について取り上げました。

GCSの特長はそれだけではありません。
まだまだ魅力的なポイントがたくさんあるのです。

例えば、「リーズナブルな料金設定と段階別クラス編成」
というのもそのひとつではないでしょうか。
特に料金設定に関しては、大手競合他社と比較すると、
1/3~1/4程度の金額で受講することが可能なのです。

その理由として、実用的な内容にフォーカスすることで、
時間数を絞っていることが挙げられますが、
何よりも創業者の「すべての人にコーチングを。」という思いが
根底にあるからと考えていただいて良いかもしれません。

だからこそ、料金設定はできる限りリーズナブルにして、
どんな人でも等しく学べるような環境を提供しているのです。
GCSが全国に拠点展開しているのもそんな理由からです。

何を隠そう、私が10年前にGCSで学ぼうと決意したのも、
このことが大きな決め手となりました。

こういうお話をすると、体験講座に来られた方からは、
「安かろう悪かろう」ではないか?と心配する声も上がって来ます。

その点は、心配ご無用!と言って良いでしょう。
GCSのカリキュラムは、世界最大のコーチ組織である
国際コーチ連盟(ICF)の定める倫理規定や
能力水準要件に準じた内容になっているからです。

さらには、レギュラークラス受講後、+αのクラスを受講することで、
ICF認定コーチになる道も用意されているのです。

いかがでしょうか。
GCSの理念や特長に関心を持っていただけた方は、
ぜひ無料体験講座にお越しください。
あなたのお越しを心待ちにしております!


vision-2372177_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル