クライアントの事前情報を得るためのツール類をご紹介します!


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史です。

10月も中盤に差し掛かり、季節はすっかり秋ですね。
(毎回言っている気がしますが)10月は何をするのにも適した季節。
気候が良いからついつい行動的にもなりますよね。

私事ですが、つい先日、事務所を移転しました。
この時期を選んだのは、実は、気候が良いからです(笑)。
心機一転、充実した仕事ができるように頑張ります!

さて、本日の【コーチング事例編】では、
コーチがセッション運営を効果的に行うための、
クライアントから事前情報を得るツール類について
ご紹介したいと思います。

※これらはあくまで私が知っている範囲のものであり、
ツール類の全てではありません。また、GCSが
これらを推奨しているというものでもありません。

【アセスメントとして代表的なツール類】

・ソーシャルスタイル
・エニアグラム
・ストレングスファインダー
・DiSC など

この中で、あなたがご存知のツールもあるかもしれませんね。
ここで詳細を記すことはしませんが、気になる方は、
ぜひWeb等で調べてみてくださいね。

コーチとして、上記のようなツールを使いこなすことは
大切なことですが、ツールはあくまでツール(=道具)に過ぎません。
基本は、コーチがコーチングマインドをしっかりと持ち、
スキルを使いこなすことである、ということを肝に銘じてくださいね。

このことをご理解いただけたあなたには、
ぜひお近くのGCS無料体験講座にお越しください。
あなたとの出会いを楽しみにしております!


cutting-tool-3673056_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル