来たる2020年、あなたもGCSで「プロコーチ」を目指してみませんか?


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史です。

まもなく初冬を迎え、寒さも本格的になって来ましたね。
私事ですが、リビングにはファンヒーター、
寝室には毛布を準備し、冬の備えを着々と進めています。

カレンダーを見ると、2019年も残すところあと40日あまり。
2020年の手帳を購入し、まっさらなカレンダーに
すでに決まっている予定を書き込む人もいることでしょう。

2020年は、東京オリンピック開催の年でもあり、
数字的にもキリの良いことから、何か新しいことを始めよう、
チャレンジしようと考えている人も多いようです。

例えば、転職、起業、引越し、資格取得、・・・、などなど。
その中で、ぜひあなたにもチャレンジしてほしいのが、
「プロコーチになる」という選択です。

参考までに、GCSにおける「プロコーチ」の定義は以下のとおり。

「習得したコーチングスキルを使用・応用することで、
クライアントや社会に貢献し、正当な対価を得ている存在」

必ずしも独立して活動するコーチを指すものではありません。
週末に個人セッション等で報酬を得るほか、組織内で
コーチとして活動する人も対象としています。

働き方改革や多様化の時代、対人関係の効果的な
コミュニケーションスキルであるコーチングに、
徐々に注目が集まって来ていることを日々感じています。

2020年は、東京オリンピックの開催もあいまって、
人の能力発揮や才能開花という点にも注目が集まり、
ますますコーチングの需要は増えるとも言われています。

この機会に、あなたもぜひコーチングを学んでみませんか?
ぜひお近くの無料体験講座にお越しください。
お会いできることを楽しみにしております!


new-year-4425667_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル