2020年、GCS札幌校のキーワードは『進化』と『チャレンジ』です!


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)札幌代表 折原 英明です。

2020年もあっという間に2月となりました。
今年は閏年ですので、2月は29日まであります。
何か1日24時間分を得した気分になりませんか?
その得した(と思う)一日をどのように使いたいですか?

さて、昨年4月に元号が「平成」から「令和」へと変わり、
2019年は大きな変化が生まれた年となりました。
また、GCS札幌校にとっても、大きな変化の年となりました。
林英利コーチがGCSの代表職とともに札幌校の代表を退任し、
私が代表を引き継ぐことになったのです。

そんなこともあり、年初に「2020年をどんな年にしたいか?」
と考えた時、私には『進化とチャレンジ』というキーワードが浮かびました。

『進化』は、GCSビジョン実現のため、
これまで以上に札幌校のクラスを充実したものとし、
更にプラスアルファの体験講座を通して、北海道でコーチングを
活用してもらえる人をさらに増やしていきたいということです。
そのためには『チャレンジ』することが大切だということです。

実は、GCS札幌校では1月にひとつのチャレンジがありました。
耳の聞こえない方のレギュラークラス受講です。
今回、札幌校講師の芳賀コーチにもアシスタントに入ってもらい、
万全の講師2名体制でクラスを開講しました。

とはいえ、正直なところ経験も無い、不安もある状態で、
「どのように伝えるのがベストなのか?」など、
開催までに様々なことが浮かんでは消えました。
これはまさに、GCSが大切にしている「自己基盤」について、
自分自身が試されるようなクラス運営だったと感じています。

そこでの受講生の学ぶ姿勢、クラスの中で大きな気づきを得られた瞬間、
「もっとコーチングを学びたい」と伝えてくれた時の表情などを見ると、「あー、チャレンジして良かった!」
と心から思える経験となりました。

そして、今年は、さらにチャレンジしていこうと考えています。
それは「体験講座の地方開催」です。

「北海道はでっかいどう!」と言われるように、北海道には
まだまだコーチングをお伝えできていない場所がたくさんあります。
一方で、これまで帯広市や美幌町など、遠方から札幌市まで
受講に来て頂いた方も多数いらっしゃいます。

そういった方々以外にも、コーチングを知りたい、
聞いてみたいという要望は必ずあると考えています。
なので、今年は旭川市や函館市などの地方都市で、
体験講座を開催できるよう進めていきたいと考えています。

2020年のGCS札幌校は北海道に「コーチングの種まき」
をしていく年となりそうです。

あなたのお近くで体験講座などが開催される際には、
ぜひ一度私達GCSのメンバーに会いに来てください。
心よりお待ちしております!

◆GCS札幌校ホームページ


snow-carving-837401_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル