日経新聞「Biz ワザ」にGCS丸の内校が紹介されました!


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史です。

3月に入ってから、新型コロナウィルス感染拡大の恐れから、
全国の小中高校の臨時休業や、集団感染の恐れのある地域や
イベントへの参加自粛など、世間では暗いニュースが続いています。

そんな中、GCSでは、先日明るいニュースが飛び込んで来ました。
日経新聞(2020年3月10日夕刊)の記事「Biz ワザ」に、
GCS丸の内校が紹介されたのです。

記事は『若手も学ぼう「コーチング」』というタイトルで、
相手の自発的な行動を促すコミュニケーションスキルが、
自分の成長にも役立つ、という趣旨のものでした。

コーチングは元々、2000年頃から注目が集まり、これまでも
管理職向け研修などを中心に認知されて来ていました。
しかし近年では、休日に自己投資としてコーチングを
学ぶビジネスパーソンが増えて来ています。

記事では、その背景に、パワハラの増加や、旧来型の
職場内訓練(OJT)の限界などがあると伝えていましたが、
付け加えるならば、SNSの発展も貢献していると言えるでしょう。

それを裏付けるかのように、以前は、30~40代の
ビジネスパーソンの受講が中心だったのですが、
最近では、20~30代の方の受講が増える傾向にあります。

冒頭にもありましたが、コーチングは、対人関係に役立つ
だけでなく、自らをも成長させるコミュニケーションスキルです。
その点、若いビジネスパーソンがこのスキルを学ぶということは、
とても意義があることのように感じています。

そんなGCSは、全国30拠点を超える場所で
レギュラークラスを随時開催しています。
まずはお近くの無料体験講座へお越しください。
あなたにお会いできることを楽しみにしております!


【お知らせ】
体験講座を受講したいけど、コロナウイルスへの感染が心配・・・。

そんな声にお応えして、3月はオンライン(ZOOM)での無料体験講座を集中的に開催します。
※自宅での受講が可能なオンライン(ZOOM)講座の開催一覧
 (「Zoom」の表示を確認ください)

◆北海道・東北エリア
 
◆関東エリア
 
◆北陸エリア
 
◆関西エリア
 


newspapers-444449_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル