セッションの中で「話の方向性を確認する」ってどんなこと?


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史です。

早いもので、今日で9月も最終金曜日を迎えました。
これから10月にかけては、一年で最も過ごしやすい季節ですね。

コロナ禍で、何かと制約の多いご時世ではありますが、
日常の中に楽しみを見つけて過ごして行きたいですね。

さて、火曜日の【コーチングスキル編】では、
セッションでクライアントにストレスなく
話してもらうためのスキルをご紹介しました。

具体的には以下のことをお話しました。

1)何でも話せる環境をつくる
2)質問攻めにしない
3)話の方向性を確認する

特に3)は、相手が話したいことを話せているかどうかを
確認する行為ですが、具体的にはコーチがセッションの中で
どのように尋ねることなのでしょうか?

一般的には以下のように行います。

◆話の冒頭で
「今日はどんなことを話したいですか?」
「(多数ある中で)特に話したいことは何ですか?」

◆話の途中で
「ここまで話をされてみて、いかがですか?」
「この後はどんな話を進めて行きたいですか?」

◆話の最後で
「最後まで話をされてみて、いかがですか?」
「セッションを通じて、どんなことを感じましたか?」

単体で見ると、ぎこちなさを感じてしまう事例のようですが、
実際のセッションの中で使用してみると、思いの外、
会話に溶け込んでいることが実感できるはずです。

上記の「話の方向性を確認する」は、詳しくは、
『クラスC-セッション戦略編』の中で学びます。

まずはお近くの無料体験講座にお越しください。
只今、全国各地でオンライン講座を実施中。
あなたにお会いできることを楽しみにしております!


【お知らせ】
※自宅での受講が可能なオンライン(ZOOM)講座の開催一覧
 (「Zoom」の表示を確認ください)

◆北海道・東北エリア
 
◆関東エリア
 
◆北陸エリア

◆中部エリア
 
◆関西エリア

◆中国・四国・九州・沖縄エリア
 


confusion-311388_960_720.png

GCSジャーナル   GCSジャーナル