アリとキリギリスにコーチが関わるなら


1306631.jpg




銀座コーチングスクール(GCS)広報チーム 村井大輔です。
 

将来よりも、今を楽しく生きる「キリギリス」

今のことだけではなく、少し先のことを考え、楽しいことを我慢して将来に向けて準備する「アリ」

皆さんもよく知っているイソップ物語の「アリとキリギリス」


コーチとして関わるならどの様に接しますか?

=====
簡単なあらすじ

暑い夏の日。キリギリスは歌いながらバイオリンを奏でて夏を謳歌しています。

そこに、アリたちが、食料がなくなる冬に備えるために食料を運び続けます。

「まだ夏なのになんで冬の準備をするのか?」「熱い中アリはなぜ働くのだろう?」とキリギリスは言います。

秋が来て、いよいよ冬が到来します。

キリギリスは、何の備蓄もなく空腹と寒さに困窮し、アリたちに「食べ物を分けてほしい」と懇願しますが、「夏に歌っていたなら、冬は踊ったらどうですか」と取り合ってくれません。
=====

コーチングを学ぶことで私たちは、アリにもキリギリスにもコーチングマインドで関わることができます。

先入観を持たず、ニュートラルに接する。


アリの価値観、キリギリスの価値観という観点でとらえると、それぞれの良いところが見えてくるのではないでしょうか。