怒りたくなるのは○○しているから

コーチングの国際資格を取得して専門性を高めたい管理職/ビジネスリーダーとしてキャリアアップしたい


240624gcsj.jpeg




銀座コーチングスクール(GCS)広報チーム あかがわみさこです。
 

私は3人の子供がいますが、子育てしていると思い通りにならないことがたくさんあります。

先日も子供が所属しているスポーツチームの試合がありましたが、思うようなプレイができておらず、親の私は心がモヤモヤ。「しっかりやってよー!」と、怒りたくなりました。

子育てってこういうことが沢山あって、親は自分のこと以上に気になっちゃったりするんですよね。

でもこれって子育て以外にも、ビジネスでは部下や後輩、生徒にだって湧き上がる感情だったりしませんか。

こういう時についつい怒りたくなるのは、相手に「期待」しているから。

「ここはこうしてくれるだろう。」

「ここまで教えたんだから、やってくれるだろう。」

「これができるんだから、あれもできるだろう。」


そう期待しているからこそ、できなかった時に怒りたくなってしまう。
相手の目線ではなく、自分目線になってしまってるんですね。


そして、ついつい子供や近い存在だと、「こうしなよ!」とこちらの考えを押し付けたくもなるものですが、コーチングとしてはここが踏ん張りどころなんです。

一度冷静になって、

「今、(相手は)どう感じているのだろう。」

「(相手は)これからどうしていきたいのだろう。」

と、相手の話をゆっくり聞けたら、コミュニケーションも円滑になりますし、いろんな想いや本音を引き出せたり、解決策や今後の方向性が見つかることもあります。

「怒れる」って裏を返せば「熱心」だったり「一生懸命」なんですよね。

相手に対して熱心だからこそ期待したり怒りたくもなる。

だから怒るってエネルギーの高い感情だと思うのです。

それをうまく利用しながら、期待ではなくて、ただ相手を信じてみる。

まさしくこれが「コーチングマインド(=コーチとしての在り方)」であり、自己基盤(=自分の在り方)が問われるところだと思います。 

GCSのコーチングクラスでは、こういった考え方もクラスで学んでいきます!

コーチング無料体験講座は随時開催中です!お気軽にご参加ください☆