エネルギーマネージメント

コーチングの国際資格を取得して専門性を高めたい管理職/ビジネスリーダーとしてキャリアアップしたい


guille-alvarez-IcI3FizU9Cw-unsplash.jpg




銀座コーチングスクール(GCS)広報チーム 村井大輔です。
 
皆さんは、ご自身のエネルギー(元気)の状態を意識したことはありますか?

エネルギーが満ち溢れてワクワクしている状態の時と、エネルギーが不足している状態では、パフォーマンス発揮への違いはあるでしょうか?

あるスポーツ指導者の方とコーチングセッションをする時に、毎回、私が意識しているのが、指導者(クライアント)自身のエネルギー(元気)が、どの様な状態なのかということです。

指導者自身のエネルギーが下がっていると、判断力や決断力が鈍くなってしまうからです。

では、エネルギーが下がっているとき、どの様に回復させますか?

エネルギー回復の方法は人によって違いますが、例えば、

「思いっきり寝る」

「感動する映画を見る」

「疲れた時ほど筋トレをする」

「キャンプに行く」

「サウナに行く」

「温泉に行く」

「好きなものを食べる」

・・・など

パフォーマンスを最大限に発揮するためには「指導者自身のエネルギーを高めることは大切なことだ」と私は思っています。

どの様な方法で、皆さんはエネルギーを高めていきますか?

下がっているとき、どうやって回復させますか?