組織・人事関連用語:英数文字

1on1ミーティング

企業の人事担当者様から、1on1ミーティングと目標管理面談(MBO)の違いを聞かれることも増えてきましたが、「1on1ミーティング」は、頻度、時間、目的等、企業よって様々な活用事例があるようです。

■ヤフー
・隔週1回以上、30分
・コーチング、ティーチング、フィードバックスキルを使って話を聴く
■日本ヒューレット・パッカード
・2週間から1か月に一度
・キャリアプランについて重点的に話し合う
■スペースマーケット
・週1回、30分
・PDCAを高速で行うために話し合う
■グリー
・成長支援のために話を聴く
■クックパッド
・コミュニケーション活性化のために話を聴く

実際、相談を受けた企業様の中には、「部下の成長のための時間」として1on1ミーティングを導入され、そのミーティング内では、目標管理面談のことでも、キャリアのことでも、仕事の課題についてでも、人間関係のことでも、気持ちの部分について話してもいい時間として活用されていました。

管理職やリーダーが効果的なミーティングにするには、部下に焦点を当てて、コーチングやティーチング、フィードバックスキルをバランスよく使うことスキルが求められるようになっています。

参照:日本の人事部・用語解説キーワード集「1on1ミーティング」(最終アクセス:2019/04/26)