大石 典史

大石C腕組ver

GCS認定講師
GCS認定プロフェッショナルコーチ
ICF認定コーチ(ACC)
GCS丸の内校 代表



大学卒業後、製造業・人材紹介業・メディカル業界で、法人営業・人材コンサルタント・人事総務等を幅広く経験。2010年9月にGCS認定コーチ資格を取得。数年にわたる週末起業を経て、2015年4月にビジネスコーチとして独立。現在は、銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表としてスクール運営に従事する傍ら、組織改革や営業推進を標榜とする研修会社のビジネスパートナーとして、大手・中堅企業への研修やビジネスリーダーのパーソナルコーチングを務めている。豊富なビジネス経験に基づくコーチングの理論・実践には定評があり、担当するGCS丸の内校では、30校ある拠点の中でも常にトップクラスの集客を誇るなど、「安心感・安定感は抜群」と多くの受講者から支持を得ている。



多岐にわたる人材の思考・行動特性を理解しています。

大石C講師ver

─コーチングの出会いについて教えてください。

 人材紹介業に従事していた頃から、コーチングに興味はありました。ですが、当時の職場の就労状況があまりにも忙しく、それを学ぶ時間を捻出することができませんでした。その後、転職した会社では時間的余裕ができたため、当時名古屋に開校したばかりの銀座コーチングスクール(GCS)名古屋校の門を叩きました。後々、話のネタになるのですが、私が同スクールの無料体験講座に訪れた時に講師を務めていたのが、現在のGCS代表の林コーチでした。


─そんなご縁があったのですね。その後、コーチとしてどんな経歴を歩んで来られたのですか?

 幸い、職場の上長が週末起業を認めてくれていたので、認定コーチ資格取得後は、ビジネスパーソンやプロコーチ予備軍のパーソナルコーチとして活動をスタートしました。その後、当時のGCS名古屋校の拡張路線に乗り、同校の講師や近隣校(浜松校・静岡校)の代表を務める機会に恵まれたことで、私の人生の中で次第に「コーチ」の位置づけが高くなって行きました。そして、2015年4月にビジネスコーチとして独立を果たすことができたのです。

─週末起業コーチのロールモデルになるようなご経歴ですね。現在の活動状況について教えてください。

 現在は、GCS丸の内校の代表・講師を務める傍ら、組織改革や営業推進を標榜とする研修会社のビジネスパートナーとして、大手・中堅企業への研修やビジネスリーダーのパーソナルコーチングを務めています。自宅が愛知県にあることもあり、東京・愛知を行き来しているような状況です。たまに、「帰る」場所が何処なのか混乱しそうになりますが(笑)。

─ご活躍ですね。ところで、大石コーチの強みはどのようなものでしょうか?

 それについては2つあると思っています。 ひとつは、25年を超えるビジネス経験の中で、特に法人営業や人材コンサルタントの経験を通じて、経営者や管理職、エンジニアやセールスといった多岐にわたる人材の思考・行動特性を理解していること、また、論理的思考力や落ち着いた雰囲気を身につけていることでしょうか。もうひとつは、現在30校あるGCSの拠点の中でもトップクラスの集客を誇る講師としてのティーチング能力と、実践的ツールを持ち合せていることでしょうか。

─まさに「ビジネスコーチ」ですね。最後に、講師として大切にしていることを教えてください。

 これについては3つあります。 ひとつは、受講者の「考える力」が身につくように、研修の中では対話やディスカッションを重視していること、もうひとつは、受講者の「実践力」が身につくように、実践ワークを頻繁に行っていることです。その際、状況に応じて、講師のデモンストレーションを取り入れるようにしています。

 そして最後は、講師自身が研修という場を"楽しむ"ことです。これは決して"独りよがり"という意味ではありません。講師自らその場を楽しむスタンスが、受講者に良い影響を与え、学びを深めることに繋がると信じているからです。