コーチングを簡潔に説明するには、こんな言葉や方法があります!


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史 です。

11月も中盤に差し掛かり、紅葉の見頃を迎えています。
私が代表を務めるGCS丸の内校は、皇居がお隣という
好立地にあるのですが、そこから見える紅葉の景色には
ついつい癒されてしまいます。

さて、今日の【コーチング事例編】では、火曜日に取り上げた
「コーチングとは何か」を説明するために、ふだん私が使っている
言葉や方法をご紹介させていただきたいと思います。

まず、どんな言葉を使って説明しているかと言うと、
相手の理解度や置かれている状況にもよりますが、
だいたい以下のようになります。

「相手の行動変容を促すコミュニケーション・スキル」
「行動のブレーキを外すコミュニケーション・スキル」
「結果を出すコミュニケーション・スキル」

いずれも「コミュニケーション・スキル」と添えているのは、
コーチングは科学されたものであり、決して怪しいものではない
ことを主張する意味も込めているからです。

そして、説明はこれで終わり、ということではなく、
実際にはこれらの言葉にピンと来てくれた人に対して、
さらに細かくコーチングを説明するようにしています。

また、方法という点では、最近では、「カウンセリング」や
「コンサルティング」との比較をもって説明したり、
スポーツにおける一般的な概念としてのコーチングと
比較したりして説明するようにしています。

経験的には、後者の方が伝わりやすいかな、と感じています。

ですが、最も良いのは、コーチングの簡単な説明をした後に、
実際にその人にコーチングを受けてもらい、
体感してもらうことだと言えるでしょう。

あなたがコーチングのことをより深く知りたい・学びたい
と思ったら、まずはお近くのGCS無料体験講座にお越しください。
お会いできることを楽しみにしています!

team-2894828_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル