コーチングの基本スキル「認める」とはどのような意味ですか?


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史 です。

3月に入り、日中はずいぶん暖かくなりましたね。
「3月」と聞くと、あなたはどのようなイメージを持ちますか?

雪解け、陽気、菜の花、梅、桜、卒業式・・・、
私の場合は、差し詰め「花粉症」でしょうか(笑)。
体質が変わったからか、以前よりも楽にはなりましたが、
それでも飛散の多い日は、目や鼻がむずむずとします。

只今、「3月」のイメージについてお尋ねしましたが、
今度は、「認める」という言葉について、
あなたはどのようなイメージを持ちますか?

・目に留める、気づく
・見て、考えて、判断する
・相手に能力があると判断する

辞書を引くと、上記のような意味が記されています。

実は、コーチングには「認める」スキルが存在します。
それにはどのような意味があるのでしょうか?

GCSで学ぶ基本スキル「認める」では、
以下のように定義しています。

相手に安心して話してもらうために、相手の事実や存在、
あるいは変化をそのまま受け止めて、伝えること

コーチングはコミュニケーションのスキルですから、
「受け止めている」だけでは不十分で、それを相手に
きちんと「伝える」ことで、初めて効果を発揮します。

平たく言えば、相手に対して、
「きちんと受け止めていることを伝える」
ということになりますね。

そこで、次回の【コーチング事例編】では、
「認める」スキルの具体的方法と事例について、
詳しくお話させていただきますね。どうぞお楽しみに!

ok-2408647_960_720.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル