「自己理解」を促すためには、自分に「●●する」ことが効果的です!


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史です。

今日は「13日の金曜日」。よく「不吉な日」であると言われますね。
調べてみると、この日は、英語圏やドイツ、フランスなどの
迷信で「不吉とされる日」なのだそうです。

諸説あるようですが、どれも確証はない模様。
日本でこのことが取り上げられるのは、どうやら
欧米文化の影響と見て良さそうです。

さて、その「13日の金曜日」にGCSジャーナル
【コーチング事例編】をお届けします(笑)。

今日は火曜日にご紹介した「自己基盤」の要素のひとつである
「自己理解」について、これを行うための効果的な方法を
ご紹介したいと思います。

それは「自己理解」のための質問を考える・答える、ということです。
ピンと来ない方のために、以下のような質問例を挙げてみます
(GCSクラステキストより一部抜粋)。

・子どもの頃、得意だったことは何ですか?
・子どもの頃、何と言われていましたか?
・どのようなことで人気がありますか?
・ニックネームは何でしたか?
・学生時代に得た資格は何でしたか?
・人からどのように褒められますか?
・家族はあなたのどのようなところが好きですか?
・趣味は何ですか?
・長年続けていることは何ですか?
・周りにはどのような人たちがいますか?

これらの質問に答えることで、あなたはきっと、
今より自分のことを理解することでしょう。
また、上記の質問を参考にして、自分で質問を考えてみるのも良いですね。

「自己理解」を含む「自己基盤」については、
その重要性をクラスA~Dまで通して学びますが、
特にクラスCで詳しく学ぶことができます。

まずはお近くのGCS無料体験講座にお越しください。
あなたにお会いできることを楽しみにしております!


checklist-1266989_960_720.png

GCSジャーナル   GCSジャーナル