あなたはコーチングにおける「沈黙する」スキルをご存知ですか?


こんにちは!
銀座コーチングスクール(GCS)丸の内校代表 大石 典史です。

7月も中盤となり、各地で梅雨明け宣言が出される頃となりました。
これから夏本番を迎えるにあたり、いろいろと楽しい計画を・・・
と考えている方も多いのではないかと思います。

一方で、首都圏を中心に再び拡大しつつある、
新型コロナウィルスの感染者数。
これ以上拡大しないように、個々が"自衛"の意識を持って、
慎重な行動を心掛けたいものですね。

さて、今週の【コーチングスキル編】では、
前回ご紹介した「認める」スキルの兄弟とも言える
「聴く」スキルについて取り上げたいと思います。

私が"兄弟"と言っているのは、使用目的を比べてみるとわかります。
すなわち、「認める」の「相手に安心して話してもらう」に対し、
「聴く」は「相手に気持ちよくたくさん話してもらう」こと。

この言葉を比べてみても、「聴く」のほうが、
相手に対して、より能動的に関わるという点では、
"お兄さん"っぽいと言えるのではないでしょうか。

さて、そんな「聴く」スキルも、細分化すると、
「ペーシング」「接続詞を使う」「要約・言い換え」等ありますが、
中でも、本日ご紹介したいのは「沈黙する」スキルです。

「沈黙する」というと、言葉のイメージから、
なんだかそれを使用すると関係性が気まずくなる・・・
という思いに駆られるかもしれませんが、
コーチングにおける「沈黙する」は違うのです。

そこで、金曜日の【コーチング事例編】では、
この「沈黙する」スキルについて、具体的事例を
交えながら詳しくご紹介したいと思います。

次回のGCSジャーナルもどうぞお楽しみに!


【お知らせ】
※自宅での受講が可能なオンライン(ZOOM)講座の開催一覧
 (「Zoom」の表示を確認ください)

◆北海道・東北エリア
 
◆関東エリア
 
◆北陸エリア

◆中部エリア
 
◆関西エリア

◆中国・四国・九州・沖縄エリア
 


103988449_2620980518181869_6069898935205148646_n.jpg

GCSジャーナル   GCSジャーナル