親子ゲンカが激減した質問のヒミツ

lego-3729964_1920.jpg

1.5時間でコーチングの全体像がスッキリ分かります!

「コーチング無料体験講座」詳細と開講日程


こんにちは!
 
銀座コーチングスクール(GCS)広報チーム 妻鹿 由佳子(めが ゆかこ)です。
 
今日は我が家の親子ゲンカが質問を変えたことで激減した経験についてお話します。
 
質問するスキルはこちらからご覧頂けます。
 
 
家庭内で子どもとの約束って色々ありますよね。
 
・ゲームは1日1時間まで
 
・夜は9時には寝る
 
・宿題は夕飯までに終わらせるetc.
 
そしてその約束は守れる日もあれば、守れない日もあって、それが親子喧嘩の原因になるのは「子育てあるある」ではないでしょうか。
 
私もコーチングを学ぶまで、子どもが家庭内の約束を守れなかったことが原因で親子ケンカになっていました。
 
親子喧嘩が始まるときの私はよくこんな風に言っていました。
 
なんで~した(しなかった)の?
 
そう聞くと大抵子どもは黙ってしまうか、「だって」と言い訳を始めたり、「ママだって」と反撃。
 
その態度がまたイライラを誘い私の怒りMAX!!
 
喧嘩がヒートアップなんてことがよくありました。
 
コーチングを学んで、なんとこの質問の仕方こそがケンカの原因だったことを知りました。
 
知ったときは本当に目からうろこ。
 
やってみて、こんなことで変わるの!?と拍子抜けでした。
 
 
「なぜ?」という質問は原因理由を尋ねる質問です。
 
なので、明らかに良くないことに対して「なぜ?」を使うと、言われた側は責められている、と感じてしまうのです。
 
私も思い返せば、新入社員のときに失敗して「なぜ?」ときかれて必死で怒られないように言い訳してたことを思い出します。。。
 
「なぜ?」の代わりに「何があったら」「どうなれば」を使うだけでケンカがグッと減りました!
 
良かったらお試しください☆
 
 
子育てについてコーチングセッションを受けたい方は検索ワードで「子育て」といれると子育てをテーマにセッションをしているコーチを検索できますよ☆
 
新学期は親も子も生活リズムをつかむのまで一苦労。
 
そんなときはコーチングセッションを受けて頭の中を整理すると思ってもみない良いアイデアがでてくるかもしれません♪
 
 

全国30箇所以上でコーチング無料体験講座を開講中!

オンラインクラススケジュール一覧対面クラススケジュール一覧

北海道・東北エリア関東エリア北陸エリア
中部エリア関西エリア中国・四国・九州・沖縄エリア

※対面・オンラインのいずれにつきましても、開催予定が表示されていない、あるいは都合の良い日程がない場合は、「コーチング無料体験講座 日程リクエストフォーム」よりリクエストください。


コーチング無料体験講座   コーチング無料メールセミナー