母は名コーチ!2つの質問で悩める娘の問題解決!

コーチングの国際資格を取得して専門性を高めたい管理職/ビジネスリーダーとしてキャリアアップしたい

笑顔ac.jpg

 
銀座コーチングスクール(GCS)広報チーム 松本結花です。
 
ご家族との会話の中で、素晴らしいコーチ力を発揮している友人(Aさん)がいます。
 
今日は、そのコーチングの手法をご紹介します。
 
 
Aさんには、成人を迎えた娘さんがいらっしゃいます。
 
娘さんは話したいことがあると、夕食後、いつまでもリビングのソファに座っているそうです。
 
そうした場面が訪れた時、Aさんは尋ねます。
 
「どうしたの?」
 
すると、彼女は、恋愛の悩みや仕事の悩みなどをとうとうと語り始めるとのこと。
 
 
しばらくして、話が少し落ち着いてきたと思ったら、Aさんは再び尋ねます。
 
「それで、どうするの?」
 
質問を受け、娘さんは「もう一度、連絡をとってみる」「明日、上司に直談判に行く」などと自分で答えを出すとのことでした。
 
 
いかがでしょうか。見事だと思いませんか?
 
GCSで学ぶ「聴くスキル」の目的は、相手に気持ちよくたくさん話してもらうこと。
 
「聴く」ことで、話したいことをたくさん話してもらうことができると、わずかな質問を加えるだけで、素晴らしいコーチングになるのです。
 
 
家族の中に、お悩み解決を助けてくれる名コーチがいるって頼もしい!!
 
あなたも、日常にコーチングをプラス!してみませんか?
 
無料体験講座では、コーチングの基本からお伝えしています。
 
コーチングって何?」という方も、お気軽にご参加ください。