GCSクラス講師は全員、ICF(国際コーチング連盟)認定コーチです。

コーチングの国際資格を取得して専門性を高めたい管理職/ビジネスリーダーとしてキャリアアップしたい


hand-1592415_1280.jpg

 
銀座コーチングスクール(GCS)広報チーム 芳賀美貴です。
 
寒い日と暖かい日が入り交じるこの頃。
 
みなさま、いかがお過ごしですか?
 
本格的な冬に備え、身も心も整えておきたいですね。
 
 
今日のお話は、実はあまり知られていないかもしれないGCSのクラス講師(※)について。
 
(※)レギュラークラス担当講師
 
実は全員がICF(国際コーチング連盟)資格保有者なんですよ。
 
 
ICFは、1995年にアメリカで設立されたコーチング業界では最大の非営利団体です。
 
ICF認定コーチであるということは、世界中のコーチたちからプロコーチとして信頼されているということでもあります。
 
 
国際的に定められた倫理規定と能力水準を満たすことが証明されているコーチから学ぶことにより、質の高いコーチング知識が提供されます。
 
プロフェッショナルな講師陣がクラスを運営することで、受講者様へ安心と信頼を提供しています。
 
 
また、国際資格を取得するために必要であるメンターコーチからの10時間のコーチングはGCSのACCを更新したコーチ、またはPCC資格保有コーチから受けることができます。
 
メンターコーチ一覧はこちらから
 
 
ACCの更新、またPCCやMCCを取得する際に必要なCCE単位については、こちらからご覧いただけます。
 
 
ICF認定コーチとともに学び、成長の扉を開いてみませんか?
 
より豊かな人生をサポートすることをお約束いたします。