リーダーのためのプレゼン講座(ビジョン構築と合意形成)

leaders_presentation.png
認定更新審査充当対象講座

組織・チームが一丸となって幸先の良いスタート切るために必要な
ビジョンの描き方と伝え方の習得を目指します。


当プログラムのポイント
Point1
メンバーのモチベーションが高まるビジョンを描けるようになる!
Point2
メンバーに説得力を与えるプレゼンテーション力が習得できる!
Point3
質疑応答に自信を持って対応できるようになり合意形成できる!

プログラムの概要

対象者

target.png GCS認定コーチ または
GCSクラスB以上を
修了された方

時間数

hours.png 6+6時間(前編+後編)

受講料

fee.png 各編35,000円(+税)


カリキュラム

01

オリエンテーション

  • 講師・受講者自己紹介
  • 目的とゴールの確認
  • グラウンドルール
  • マインドセット

02

ビジョン構築

  • ビジョンとは何か
  • ビジョンの位置付け
  • ビジョンを構成する3つの要素
  • ビジョンの導き出し方
  • ビジョン事例
  • ビジョン作成のポイント
  • ビジョンの具体化
  • 演習(あなた個人のビジョンを描こう)
  • 演習(あなたの組織・チームのビジョンを描こう)

03

プレゼンテーション

  • プレゼンテーションの課題
  • プレゼンテーションとは
  • 伝えたいことは完結に(AsIs-To-Be分析)
  • 伝えたいことは完結に(FABE分析)
  • 演習(FABE分析でエッセンスをまとめる)

04

シナリオ設計

  • 伝えたいことを洗い出す
  • 演習(伝えたいことを整理する)
  • 伝えたいことの構造化
  • ピラミッド・ストラクチャー
  • シナリオの基本構成
  • プロローグの作り方
  • プレゼンシナリオの全体像(DESC法)
  • プレゼンシナリオの全体像(PREP法)
  • エピローグの作り方
  • メッセージで並べる
  • 演習(シナリオを組み立てる)

05

ドキュメント表現

  • メッセージとボディの基本フォーム
  • メッセージとボディの関係性
  • メッセージを磨き上げる
  • 1シート1メッセージの原則
  • 文章のモジュール化
  • ドキュメント表現 選択肢の明示
  • 演習(ドキュメントの下書き作成)

06

デリバリー表現(以降 後編)

  • 受容理解の最大のカギ
  • 聞き取りやすさのカギは?
  • 口癖・動き癖
  • 印象付けたい強調ポイントを絞る
  • 印象操作の技法
  • 問いかけ
  • プレゼンテーション演習

07

質疑応答の準備

  • プレゼンテーションのゴール
  • 質疑を想定する
  • 質疑にあわてない方法
  • 不可能な要望・反対意見への対応
  • 演習(質疑想定と対策)

08

合意形成

  • 合意形成の流れ
  • 合意形成を得る
  • 演習(比較評価)

09

リハーサル

  • リハーサル演習

10

まとめ

  • 振り返り
  • 質疑応答
  • コミットメント
担当講師

tmukaigawa.png

向川 敏秀(むかいがわ・としひで)

1965年 札幌生まれ。慶應義塾大学商学部を卒業後、積水ハウス株式会社に入社。マンションや不動産経営の企画・営業に従事。その後、ITベンチャー企業を経て、松下電器産業(現・パナソニック)グループにて消費者向け通信機器のマーケティング戦略を担当し、市場シェアNo1を奪還に貢献。2008年、マーケティングを軸とした戦略コンサルタント・企業研修講師として独立起業。組織の戦略立案とチームワーク形成を支援。



日程・お申込み

前編・後編は同時にお申し込み可能ですが、後編は前編の修了後にご受講ください。



(日程計画中)


新たな日程が追加または申込可能になった場合の通知をご希望の場合は、以下のフォームからご登録ください。

メッセージ(希望時期など):

※送信後に自動返信メールが届かない場合
迷惑メールフォルダに入ってしまっているか、アドレスに誤りがある可能性がありますので、ご確認ください。

ご質問などがありましたら、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。