チームを一人前に育てる。

houjin221219.jpg

コーチングは11のコミュニケーションで、

部下育成やアスリート支援、医療現場、子育てなどに活かされていますが

国際コーチング連盟ではさらにチームを育てることに着目し、

2023年よりチームコーチングの認定をスタートすることにしています。


チームとは、共通の目的・目標をもった集合体です。

組織で言えば、部であったり、課であったり、

プロジェクトで選抜された状態もチームと言えるでしょう。

優秀なメンバーが集まったからといって、チームでも優秀な成果がでるかというと、

必ずしもそうとは言えません。


スポーツをイメージしてみると想像がつくかもしれませんが、

良い選手を集めたチームが必ず優勝してはいないですよね。


チームが成果を出すには、「チーム形成の3つのステップ」があると言われています。

<チーム形成:3つのステップ>

①業務を明確にする(フォーミング・forming)

②相互理解を深め、一体感を形成する(ストーミング・storming)

③基準を明確にする(ノーミング・norming)


さて、みなさんが在籍しているチームは業務が明確でしょうか?

相互理解があるでしょうか?一体感があるでしょうか?

行き詰まりがあった時にチームとしてどうするか基準は明確になっているでしょうか?

チームとして在籍しているメンバーの役割(基準)は明確でしょうか?

チームとして成果を出すための基準を設定しているでしょうか?

チームとしての相互サポートの基準は明確でしょうか?


基準が不明瞭のままになっていると、

意見が強い人、声が大きい人、経歴が長い人の考えが

なんとなく共有のないままにチームの基準になることがありますが、

その基準設定がチームにとって歪みを生むことがあります。

その歪みが成果への障害にになってくるでしょう。


組織やリーダーが求めるのは、成果を出すチームです。

成果を上げる人が正しい人かどうかではなく、

チームの目的・目標を達成するために、課題を共有し、

一体感をもって取り組めるようにまとめるのがリーダーの役割です。


部下個人を育てるのと同様に

チームを一個人として扱ってみましょう。

コーチングは部下の自立支援だけでなく、チームの自立支援にも役立ちます。


(執筆:銀座コーチングスクール法人事業部・葉山みなみ)