長畑 吉洋(ながはた・よしひろ) コーチ

キャリアデザインコーチ〜個人&組織の一品作り〜

基本情報

長畑 吉洋
性別・生年・出身地 男性・1978年・埼玉県
活動地域 全国、オンライン
コーチ認定資格
  • GCS認定プロフェッショナルコーチ
  • GCS認定講師
  • ICF認定コーチ(ACC)

セッション情報

セッション実施形態
  • 対面
  • Zoom
  • 電話
対面セッション:弊社高田馬場、ビズコンフォート会議室 他
セッション可能な曜日・時間帯 終日可能(平日祝日・曜日問わず、ご相談に応じます)
セッションメニュー/料金(税込) ・単発セッション:13,750円(税込)/60分
 継続セッションをご希望の方は、ご相談内容によって期間・回数をご相談の上、決定させていただきます。
・無料オリエンテーション(体験セッション):30分
継続セッション時間あたり単価(税込) 13,750円(税込)
事前オリエンテーション可否・時間・料金 可・無料:30分(体験セッション)
コーチとしての強み・得意分野 ◆「あるもの(経験・体験)」から「ないもの(次の一手、その人ならではのもの)」を見つけること
◆企業とビジネスパーソンの「一品(逸品)」の構築
◆キャリアプランニング ※キャリアカウンセラー国家資格保有
◆人材ビジネス経験から対人関係の良好化、チームビルディング
◆接客販売の経験から「おもてなし」のポイント、信頼構築
こんな方をサポートしたい
/メッセージ
◆転機や節目と感じている方
◆持ち味やミッション、方向性を明らかにしたい方
◆自分・自社だけの一品(逸品)を作りたい、磨きこみたい方
◆2代目経営者の方
◆代表・経営幹部等、エグゼクティブの方
◆チーム力アップ、部下育成したい方
◆社内研修担当者の方
◆接遇・おもてなし力を磨きたい方
◆影響力を向上させたい方
◆パラレルキャリアを検討中の方 など
セッション実績 ・コーチ活動開始時期:2010年2月
・セッション時間数:120時間以上/年間
・セッション経験人数:100名以上
・クライアントの属性・職業:
 経営者、経営層、キャリア相談、個人事業主、士業、コーチ、転職希望者、人事担当、部門・チームリーダー、起業(パラレルキャリア)、スポーツアスリート、他

<サポートしたテーマ>
◆目標達成支援(商品づくり、売上up、パフォーマンス向上)
◆エグゼクティブコーチング:意思決定の壁打ち役・マネジャー育成・クレド
◆転職・キャリア開発、プランニング
◆リーダー育成
◆TOPと現場の橋渡し
◆一品(逸品)作り
◆接遇、サービス向上
◆ミッション・ビジョンの明確化
◆コミュニケーション力、対人影響力向上
◆強み発見、自己基盤強化
◆スポーツコーチング:メンタル、アスリートのキャリアデザイン

<研修・講座>
・コーチング修得研修
・キャリアデザイン研修
・リーダー研修
・販売スタッフ向け接遇研修
・ミーティングファシリテーター
・ハローワーク求職者支援面接対策講座
・講師のための承認力UP講座
・チームビルディング関連
・コミュニケーションアップ研修
・若者キャリア支援:就活セミナー
・アスリートのためのセルフコントロール
・車販社へのコーチング研修
・働き方改革アドバイザー
・採用コンサル&コーチ ほか

【コーチング関連】
GCS池袋校・埼玉校代表
コーチ向けコーチング勉強会各種
キーワード 経営・持ち味・強み・キャリアデザイン・転職・目標達成・生産性向上・リーダー・管理職・マネジャー育成・接遇・販売・ビジョン・方向性・軸・スポーツアスリート

プロフィール詳細

GCS池袋校代表、(株)アイダス・ユニバーサル代表。人材紹介、ビジネスパーソン・経営者へのエグゼクティブコーチ、教育研修を行う。
総合人材派遣会社パソナに入社。1部上場企業担当チームに配属となり、常時100名ほどスタッフ管理、求人求職者支援を行う。
人材ビジネスにおける経験から、いくつになっても働ける「キャリア構築」と「自分ならではの武器」が必要と痛感する。コーチング、一品(逸品≒武器)作り、メンタル作りを通して目標達成支援を行う。

-------------
中学・高校でハンドボール、ハンドボールは全国レベルの部であり、練習漬けの毎日。
怪我と体格に恵まれなかったため競技者の道を断念し、大学では自転車で旅する部に入る。テント・寝袋で旅をして過ごし、1日100km走ることも。合宿は野宿も有りだったため、男だらけの自転車生活。

大学卒業後は派遣会社パソナに入社し営業職に従事。当時の派遣会社は女性割合が90%超。勝つこと全て、強いものが基本スゴイ!という体育会思考から共感等が重要になる世界に入り、カルチャーショックを受ける。

元々対人関係が得意な方ではないということに社会人になって初めて気づきました。当然、周囲との関係構築、コミュニケーションに失敗し、成績も伸びず、自己承認自己肯定感が下がり続けることに。

当時の上司の勧めで社外の研修や勉強会に参加し、コーチングにも出逢ったのが、私にとっての転機です。
自分のコミュニケーションの特徴もわかるようになり、自分の持ち味を活かしながら効果的に接することが出来ようになり始め、契約維持率も上がるなど上向きになった体験は大きかったです。

その後、人材ビジネスを通して多くの方と接する中で、「自分だけの武器」や「いくつになっても働けるキャリア作り」が必要と強く感じ、独立後はキャリアカウンセリングとコーチングの資格を取得。

今はコーチングや各種メソッドを通して、クライアントの中にあるリソース「あるもの」を活用、再発見し、その方ならではの「Can」「Want/Will」「Must」&「Value」を明確にし、クライアントが自分自身を承認・肯定することを大切にしてもらうことを土台にしてサポート行っています。

私は競技者に成りたかったがなれませんでした。目標を失い、自己肯定が下がると活力を失うことを体験してきました。 また、社会人になり、物事がうまくいかなくなると自分自身を責めたり、居場所がないと感じたりしていました。

そうした体験からプラスの感情だけでなく、マイナスの感情が起きる経験体験の中にも自分ならではの武器・持ち味が眠っていることを体験を通して学んだことが今の私の土台になっています。
社会人になって周囲との関係構築、コミュニケーションに失敗して、自分には何もないと感じていた私が、今ではその経験があったからこそサポートする側に立てています。

あなたの中にある「あるもの(リソース)」から「ないもの(次の一手、その人ならではのもの)」を見つけること、目標を達成することをサポートし続けています。前に進むための何かが必ずあります。

My Story

【コーチングとの出会い】
人材紹介・派遣業の営業マン時代、企業と求職者との板挟みになっている時に当時の上司に連れられて参加した外部の研修・勉強会で初めて触れました。
あの時、断らなくてよかったと今でも思います。後押しをしてくれた上司に感謝です。
ちょっとしたきっかけ、わずかな一歩が自分を変える契機となり、本当にやりたいことに出会える転機や実現するための一歩になると感じています。

【コーチとしてのミッション】
ビジネスパーソン、経営者や事業主、クライアントの次の一手、次の一歩を一緒に見つけることです。
そのために、その方ならではの「Can」「Want/Will」「Must」&「Value」を明確にし、クライアントが自分自身を承認・肯定することを重要視し、大切にしています。

【コーチ活動の中で感動したこと】
私自身、コーチングを受けることで様々な経験・体験(成功・失敗含む)をしっかりと観ることで自己理解、自己承認が進み、自分ならではの武器や宝があることに気づきました。
コーチングを行う側となり、クライアントと一緒に進む中ではクライアントが自分の中にある武器や宝に気づいた瞬間の表情や感情にいつも心揺さぶられます。
社内の〇〇賞を獲った、パフォーマンスが上がった、転職・昇進、人生の目標が見つかった、起業した(パラレルキャリア含む)等々、人生の様々な転機にも関わるのがコーチです。
そうした様々な転機に関わることの責任と楽しさと共に、クライアントと共に進む醍醐味をいつも味わっています。